2015年03月22日

演出の魔法を読み解く(後半)〜アニメ アイドルマスター シンデレラガールズ 10話考察

前半ではシナリオの仕掛けについて考察をしました。後半は絵コンテや演出を考察してみたいと思います。

1.エスタブリッシュメントカットからセリフをかぶせる
10-@a1.png
エスタブリッシュメントカットというのは、シーンの冒頭に入れる状況説明のカットの事です。予告にも使われた竹下通りであることを示すこのカットが典型的です。本編ではカットされてましたが、予告では上にパンして尺を使っていました。このカットは長めにとって必要ならば間をあけて視聴者にシーンが変わった事を印象づけるのが定石です。が、逆にそれをしなければ視聴者を混乱させる事となります。

警察から事務所に電話が入ってきたシーンを見てみます。
10-@a2.png
場所を示すエスタブリッシュメントカット。ここに新田さんの「え?!」というセリフが被ります。

10-@a3.png
続いて電話。事務所内の描写ですがあえて電話のみにして視聴者に情報不足にしています。その上で緊迫感溢れた「あ、はい、少し待って下さい」とセリフが被る

10-@a4.png
ようやく声の主である新田さんのカット。やはり緊迫感溢れた表情をセンターに据えたアップのカット。

10-@a4'.png
でようやく事務所内の様子が引きの画で説明されるという具合です。美嘉に電話がかかるときも同様

10-@a5.png
「はぁ?!」と美佳の声

10c4.png
「分かった。すぐ行くから」と苛立ちを感じる声。

10-@a6.png
ようやく楽屋内部ですが、スマホをしまって立ち上がるという描写をすっ飛ばして美嘉が走って出て行く、といった具合。このように、状況説明をしつつセリフをかぶせて展開のテンポを上げ、視聴者に十分な理解をする時間を与えずに、緊迫感のあるセリフで視聴者を煽る。という事が随所で行われています。ストリングスによるBGMもサスペンス調です。

2.電話は受信側を描写する
10-@a4.png
先の事務所で新田さんが電話を受けるシーンにしても、美嘉が電話を受けるシーンにしても、電話を受信する側が描写され、発信側の描写はオミットされます。展開のテンポを上げるためであるだけで無く、視聴者も情報の受け手に押し込めています。

3.電話の発信側を描写する時は話し中
10e1.png
発信側が描写される時、相手は話し中です。登場人物の焦りやフラストレーションを視聴者は共有してしまう形になります。

4.電話中は横顔。
10b2.png
映像において横顔というのは気をつけて扱うべきレイアウトです。被写体がこちらに向いていないため、視聴者はそれを観察的に見る傾向があると言われています。また、横顔の写ってない側に視聴者は想像をいたすとも言われています。「アニデレが横顔を使ったら用心せい」と舟木一伝斎も言っています。10話では情報が一方通行である事の暗喩として使われている節がありますが、正面の顔を避け、場合によっては電話で口元を隠すまでして情報を遮断し、視聴者に不安感を与える効果を上げているように思います

5.カメラを横切る通行人
10e2.png
10e4.png
唯一発信側から電話が繋がった描写しているカットではあるのですが、その前を通行人が歩いて行きます。莉嘉の電話を受けているであろう美嘉の前にも通行人。情報が途切れ途切れである事の暗喩と共に、視聴者にフラストレーションを与えているように感じます。

↓つづく
posted by tlo at 16:57| 日記

演出の魔法を読み解く(前半) 〜アニメ アイドルマスター シンデレラガールズ 10話考察

予告からアニデレ10話は迷子回だろうと予想はされていましたが、ここまでハラハラさせられるものだとは思わず、ものすごく引き込まれてしまいました。携帯どころかスマホでLINEなこの平成の時代に、しかも原宿という比較的狭いエリアですれ違いドラマを成立させてしまう演出には畏怖さえ覚えます。アニメや映画の監督なぞすることは一生無いだろうけど映像を生業にしてる者の端くれとして、この演出をパク学ぼうというのがこの記事の趣旨です。

・凸レーションとプロデューサー
凸レーションは莉嘉とみりあという年少組2人ときらりというお姉さんで構成されているユニットです。きらりはその役に自覚的で、ゲームをしていないアニメからの視聴者も杏のお世話をしていた姿を見てきた筈なので、彼女が実質のリーダーである事は容易に理解出来るだろうと思います。莉嘉はおませな中学生、みりあは遊びたい盛りの小学生とあって、Pはずいぶんとやりにくそうですが、彼女たちの奔放な個性を殺さぬよう自由にやらせるプロデュース方針であるようです。
10-14.png
実際やりたい放題に見える彼女達ですが、Pに掲げられた課題に対し、自主的に考え、解決しようという意欲があります。この辺りはCandyIslandのようにうまく回っているようです、が、今回はこの自分たちで考えて動くという方針が災いしてしまいます。
では本題に入ります。

・シナリオの流れからみたすれ違い
最初に述べたように、昭和の時代ならともかくコミュニケーションツールが発達した現代ですれ違いの作劇は非常に難しいものになっています。それをどう実現させているのかをシナリオを時系列で追って見てみようと思います。

10-1.png
1.莉嘉からPに電話をかけますが、Pは電話に出ることを禁じられます。Pが警官におとなしくしたがっているのは、画からもセリフからもヒントはありませんが、Pはこの時点で3人とはぐれてもきらりが年少組をうまく引率してくれるだろうと期待してるのだと思います。事実きらりはお姉さんを自任してますし、Pもそれを期待してユニットを組んだのは想像出来ます。さらにきらりは原宿が自分の庭だとまで言いいますが、Pもきらりの採用時点でそれを知っていたかもしれません。そうでなくては、後の狼狽ぶりから警官にくってかかるまであり得たのではないでしょうか。ともあれこの時点で、Pと凸レーションは互いの状況を知る、情報交換の機会を失います。

10-9.png
Pが迷子になった!
子供らしい自身を世界の中心に置く現実認識ですが、Pが置かれた状況について情報が無ければ、「Pが知らないおじさんに連れて行かれた」とも言えなくはありません。同じモノをみても、個々人の認識は違うというデレマスで度々描かれるシチュエーション。事実きらりは後に事務所に連絡している時に「Pとはぐれた」と言い、自分たちが迷子になっているという認識でいるようです。その認識のズレが、この後情報の不足と相まって混乱の度を増していきます。

10-2.png
2.きらりから事務所に電話をかけますが、事務所は警察からの連絡とちひろへの連絡で電話に出ることができません。ここで事務所はPの状況を知りますが、凸レーションの状況を知る、情報交換の機会を失います。それどころか新田さんは警察という言葉にうろたえ、この状況で一番頼りになるであろうちひろが事務所から引き離されてしまいます。

10-3.png
3.莉嘉から美嘉に電話が繋がります。Pと連絡が付かない状況で、莉嘉にとって次に頼りになるのは美嘉です。ですが、この時点で凸レーションのメンバーはPの状況について全く情報を得ていません。一方美嘉は凸レーションとPの状況について不完全な情報を得てしまいます。後、本筋ではありませんが響=きらり、やよい=みりあ、真美=莉嘉なのかなと背景のポスターに妄想。

↓つづく
posted by tlo at 00:51| 日記