2015年03月30日

48時間 〜アニメ アイドルマスター シンデレラガールズ 11話考察

【PR】第4回選挙はかな子に清き一票をお願いします

11話の面白さはバディフィルムの面白さでもあったと思います。バディフィルムの定義はwikiによれば「対照的な性格の同性の2人を突き合わせるジャンル映画。2人は誤解し合いながらも、劇中のイベントを通し友情育み、互いを尊重し合うようになっていく」とあります。リンクしたwikiにはバディフィルムの例として映画48時間を挙げていますが、この記事を読まれる方にはアニメタイガー&バニーの方が通りが良いかもしれません。
11-1.png
みりあ曰く「5分に一回は喧嘩してる」と言われる2人がユニットになったという事に未央はPが何考えてるのか分からないと言い、プロジェクトメンバーの誰もが首をひねります。価値観の違いから事ある毎に対立するバディもので典型的な対立描写です。ですがみくと李衣菜がPに談判しに来た際、適当に余り物を組ませたんじゃないかという訴えに、Pは真剣になって答えます。
11-2.png
「そんなことはありません。相性の良いユニットだと思います」
例によって結局Pの口から語られることの無かったこの言葉の真意。実は似たもの同士だからという考察は既にあちこちで語られているので、違った切り口で迫ってみるのがこの記事の趣旨です。

・シンデレラプロジェクト、ユニットの狙い
二人の相性について論じる前に、シンデレラプロジェクトの他のユニットについて考察しつつ二人がそこに配置されなかった理由を考えてみます。

まずはソロであるRosenburg Engel。蘭子は独特の価値観を持ち、言動もそれに従っています。さらに彼女の脳裏にはすでにその価値観の結晶とも言えるヴィジョンが結ばれています。
11-3.png11-3'.jpg
度々ネタとして扱われる蘭子のグリモワールの絵。確かに人物の表情は顔文字程度ですが、衣装などのディティールは非常に凝っています。厨二病の妄想だとしてもここまでくればクリエイティブです。事実Pは蘭子のヴィジョンに従う形でPVを作りました。Rosenburg Engelは例えばカゲロウプロジェクトのように、個人が構築したオリジナルの世界ごとプロデュースするユニットであり、だからこそソロである必要があったのだと考えます。みくも李衣菜もそれぞれにこだわりは持っていますが、ソロでやるなら蘭子のような固有結界持ちでなくてはアイドルとして勝負にならないでしょう。

11-4.png
トリオの場合、Pはバランスを重視します。ニュージェネレーションは既にPの口からバランスと語られました。Candy Islandのバランスもチームワークという形で9話で存分に示されています。凸レーションについても窮地を逆転させるほどの可能性が10話で示されました。が、仕切りたがり屋のみくがトリオに入ることはあり得ないでしょう。

11-d1.png
11-d2.png
11-d3.png
本論から外れますが、凸レーションのバランスについて。普段は莉嘉が最初に動いてみりあがそれについて行き、きらりが後ろから見守る形。莉嘉が動けなくなったときはきらりが前に出て二人を引っ張る。きらりが動けなくなった時はみりあが前に出て導くという感じで誰か誰かが常に先頭に立てるようになってるのかなと。

COCC-17024.jpgCOCC-17025.jpg
また凸とC.I.のCDジャケットを見てみると、それぞれリーダー格にあるきらりとかな子のイメージが据えられている事がわかります。蘭子と同様に独自の価値観をもっているきらりですが、彼女はその価値観をまだ既存のファッションブランドに仮託している状態です。いずれきらりオリジナルの世界観が生まれそうですが、凸のビジュアルコンセプトはPが、きらりの価値観を形にしたものであろうと考えます。かな子の価値観も言動どころか体型にまで出てくるレベルです。C.I.も彼女のふくよかなヴィジュアルに合わせたイメージをPは用意したのだと思います。かな子がダイエットに失敗したからかな子のイメージに寄せた等の可能性は排除します。【PR】第4回選挙はかな子に清き一票をお願いします いずれにしても、自分の価値観にまだ自信を持てない李衣菜では、トリオリーダーとしてロックを押し出すのは無理でしょう。
↓つづく
posted by tlo at 21:35| 日記