2015年04月23日

10cmの背伸び 〜アニメ アイドルマスター シンデレラガールズ 13話感想 後半

後半に入る前に、13話について指摘しておきたい点が一つあります。

【デレマス13話】笑顔の裏に潜むもの――その時美波は何を思っていたのか?

私も13話は「結構大味」だという感想には同感です。病室の新田さんについても、恐らく何か忘れていると前半記事で書きました。初見だったらそれ程気にはならなかったことも、感想を書こうと見れば見るほど不明な点が出てくるという点で、アニデレらしからぬ回だったと思います。私が特に引っかかったのは、ここの一連のカット。
13-a18.png
13-a19.png
13-b5.png
13-b4.png
13-b6.png
13-b7.png
さて、ニュージェネレーションは蘭子のフォローもせずにどこにいたのでしょう?

もちろん、カットにこそ無いですがどこかで何かしていたのではという話は出来ます。ですが、アニデレはみりあが蘭子の言葉を理解していた例を見れば分かるように、何かあればそれはキチンと描写をしてきたアニメです。まして、ここは「新田さんが12話で築いたチームワークが回り回って新田さん自身を助ける」という流れで来ているのに、ニュージェネレーションだけがGOIN'の全体練習以外に姿が無いというのは、筋としても通りません。後半はそこの所を妄想で補完しつつ、感想を書いていきます。

・智絵里の危機
13-b1.png
新田さんが倒れた件で、本人を除けば一番ショックを受けているのは智絵里です。目の前で人が倒れたというだけで智絵里で無くても十分に動揺してしまう状況ですが、智絵里にはそれだけでは済まない衝撃でした。
13-b3.png
蘭子のステージを固唾を呑んで見守るメンバー。メンバー全員がモニターを見ていますが、かな子だけは体を智絵里に向けています。そしてなにより、杏が智絵里の背中に手を回しています。誰かをフォローするにしてもそれとなくさりげなくだった杏がこれほどまでに直接的な手段に訴えているのは1期を通じてここだけ。どれだけ智絵里が危機的状況だったのかが知れます。

CandyIslandはかな子と杏が1人では何も出来ないと言う智絵里をフォローする形ができあがっています。しかもただフォローするだけではなく、フォローする為に2人とも実力以上のものが引き出されるのは9話で見たとおりです。少女ファイトを知ってる人なら、黒曜谷バレー部と似た状態といえば分かりやすいかと。
ですが、智絵里は自分がフォローされているという事に負い目があります。しかも杏とかな子がフォローすればするほどその負い目は深くなるという、危険なスパイラルを孕んでいるのがこのユニットです。9話では2人のフォローに応えようとする智絵里の奮起がありましたが、まさにその9話で自分のように倒れた新田さんに、9話でかな子や杏がしてくれたように智絵里は出来ません。それどころか今回も杏とかな子の手を焼かせてしまいました。彼女が泣いているのは、自責と無力感ゆえです。裏返せば智絵里は、なりたい自分を持った理想の高い子なのかもしれません。

13-b8.png
13-b9.png13-b10.png
「自分に出来る事をちゃんとやらないと」
杏とかな子のフォローの甲斐あって、智絵里が前を向きます。杏が出来る事だけでいいんだよと視点を変えてあげて、かな子が励まします。CandyIsland必勝の継投パターン。そして未央がCandyIslandに呼応するのですが……

13-b11.png
ですが「自分に出来る事をやる」といってもNGは最初から自分達のステージをリベンジと称して、やる気満々でした。やる気が過ぎて空回るぐらいだった筈です。しかも蘭子が出来る事以上の事をしようとしていて、皆が自分に出来る事でフォローをしているのに、上記したとおりNGだけがその描写がありません。
NGの3人には自分達のデビューイベントのリベンジだけが問題だったという誤読さえ可能で、12話から繋いでいたチームワークというテーマが此処で切れて、ニュージェネのリベンジという別テーマの話が始まってしまってるようにも見えてます。

・ニュージェネレーションは何処にいた?
ではNGは何処で何をしていたのか。その辺一切描写が無いのですが一番妥当な想像は「GOIN'のフォーメーションを全体練習前に詰めていた」という辺りかなと。唯一NGが描写されていたのはGOIN'練習のカットでしたし、12話でも分かるとおり全体曲の練習で皆を引っ張っていたのは空回り気味とはいえ未央でした。ただ、その未央ですが一つ気になる描写があります。
13-b12.png
「でもまだ雨降ってるね」
智絵里の言葉に未央は表情を曇らせます。表情を変えない杏はともかく、何はともあれフェス再開を喜んでいる様子のかな子や凜、卯月とは対照的です。この後の出番はNG。雨中というだけでは無く、先輩達が暖めたステージは冷え切り、デビューして間もない彼女達を見に来るファンも多くは期待できません。リベンジどころではないバッドコンデション。NGが困難な状況に居る事に気づき智絵里はすぐに謝罪します。未央は平気だと言ってみせていますが、一番不安に思っているのは未央本人であることは明白です。
13-b13.png
やはり、未央には自分達のステージで頭がいっぱいなのではないでしょうか。智絵里が何も出来なかったことを吐露するこの場面も、未央は凜や卯月と表情が違います。凜と卯月は口を開けどう反応していいのか分からない様子ですが、しっかりと口を結んだ未央は智絵里の言葉を受け止めているというように私は感じます。凜と卯月は何に戸惑っているのか。私のtwitterのTLにこのような指摘をする方がおられました。

「誰かが「がんばる」と、誰かが「がんばらなかった私」になる。
                    その陰を担っているのが智絵里だ」

智絵里は誰もが感じていた負い目を代弁し、凜と卯月は言われて気づいた。そして未央は自分達のステージが一番大事だからこそ、蘭子とアーニャのステージの成否に気を回せない自分に気づいていた。「私はデビューイベントのリベンジで一杯。大体、ラブライカは同時デビューだったのに、順調に仕事が増えていたじゃないか。私達は他のメンバーの仕事を見に行ける程暇だったのに。余計な仕事を増やす余裕は無い、でも……」とここまでは踏み込みすぎですが、智絵里の言葉を受け止めた上で何かを考えている事までは間違いは無いでしょう。こうして踏め込める隙が13話にはあります。
↓つづく
posted by tlo at 18:43| 日記

2015年04月21日

What are chubby girl made of? 〜アニメ アイドルマスター シンデレラガールズ かな子食べてるシーンまとめ

#または私は如何にして心配するのを止めてかな子を愛するようになったか

今回の記事はPCで見やすいようにしてあるので、スマホでは見づらいかと思います。スイマセン

あなたはかな子を誤解しています。もちろんほとんどのデレマスPなら分かりきってる事ですが、あなたはかな子の持つアイドルとしての本当の魅力を分かっていません。特にアニメ化以降、心ない言葉が浴びせられる事例をあなたも見た事があると思います。かな子を例の紐で縛ったらハムになる等の妄言は爆発四散すべきです。

かな子はデブで食べてばかりいるという偏見。

では、アニメはそこまで食べる描写が多かったのでしょうか? 食べているシーンの描写を検討しつつ、あなたの蒙を啓くのがこの記事の趣旨です。

・かな子と卯月の食べているシーンを比較する
ここで同じCuアイドルである卯月と比較しながら論を進めます。お菓子を食べていたり持っていたり、あるいは目の前にお菓子がおいてあるシーンを抜き出してみましょう。

1話
k1.png
冒頭のお願いシンデレラのシーンの一カット。歌詞の「Everydayどんなときも」に合わて咀嚼しているカットであるのはあくまでぐうぜんであり、あなたはこのカットがかな子が1人で食べている唯一のシーンである事に留意すべきです。

2話
k2.pngu1.png
k2'.png
卯月達3人とプロジェクトメンバーの初顔合わせのシーン。かな子の勧めで彼女自作のクッキーを卯月は手に取っています。かな子と智絵里のカットは、卯月達が美嘉のライブに出る事が決まったシーンの後。本論からは逸れますが、智絵里は四つ葉のクローバーを幸運のお守りとしています。ですが四つ葉のクローバーが出てくるのは智絵里が不安になってる描写の時だけですので、あまり幸運のお守りというイメージを持てないのが不思議。

3話
k4.pngu2.png
                u3.png
かな子が焼いてきたプチシュークリームを卯月が食べます。かな子も食べようとしていますが、2話と似たシチュエーションです。サンドイッチを食べようとしている卯月はライブ直前のカット。

4話
k6.pngu4.png
やはりかな子が焼いてきたクッキーを食べる卯月。かな子みたいに美味しそうに食べています。2話、3話、4話と似たシチュエーションが描かれており、かな子のお菓子作りがみんなと食べる為である事が強調されます。未央にお菓子作りについて聞かれたかな子のセリフにも明確です。
k6'.png
「(お菓子作りは)好きだし、こうやってみんなで楽しくおしゃべりできるし」

5話
                u5.png
                u6.png
k8.png
k8'.pngu7'.png
自宅でCDデビュー祝いのケーキを食べる卯月。もう一つのカットは卯月達3人がユニットの名前を決める会議中のもの。かな子と智絵里のカットは、自分達のデビュー案をみんなで考えているシーン。面白い事に、卯月もかな子もPがやってくると食べているお菓子を隠します。Cuアイドル特有の反応なのか、あるいは卯月もトレーナーから何か言われているのか。

6話
k9'.png
k9.png
一枚目はNGがゲスト出演したラジオ番組を聞いているカット。かな子が市販のお菓子を食べている珍しいシーン。そして伝説となったマカロン差し入れシーン。ここにも卯月はいますが、見切れているのでカウントはしません。

7話
                u9.png
卯月とPにお見舞いの品であろうゼリーが出されます。ここは、卯月が熱があっても食べやすいであろう冷たいゼリーをチョイスしたというPの気遣いの描写かもしれませんが。

以上ここまでで、かな子は8シーン、卯月は7シーンという結果です。かな子の食べてるシーンが突出しているという訳では無い事が分かります。食べているシーン=かな子のシーンでは無いのです。

しかし、登場する尺に対して食べてるシーンの割合はかな子が圧倒的ではないかという反論はありましょう。事実8話以降、NGの出番が減り卯月が食べているシーンは有りませんが、かな子の食べているシーンは安定して出てきます。以下上記した条件に合うシーンを抜き出していきます。

8話
k10'.png
Pと打ち解けようという未央の提案に乗る形で、Pにクッキーを振る舞うかな子。戸惑うPは、かな子のお菓子の味が分かったのか心配ですが。
k10.png
「そういう時は、お菓子があると話が弾むよ」
悩む蘭子にPと話すきっかけを、とマーブルチョコを渡します。コミュニケーションツールとしてのお菓子。かな子の価値観の一端が分かるシーンです。

9話
k13'.png
k11.pngk12.png
k13.pngk13''.png
CandyIsland当番回です。収録ではマシュマロ食べたいと積極的に手を上げます。見た目とキャラクターの一致はテレビでは非常に強い武器です。また事務所だけでなく、控え室どころかセット裏にまでクッキーを持ち込んでいる事が分かります。

12話
k14.png
12話は今までのおさらいとして、ユニット回と似たシチュエーションがリフレインされていたように思います。この飴食い競争も9話のマシュマロの変奏だろうなと。

以上、7話までのシーンを足せば16と正直申し開き出来なくなりそうなぐらい、かな子と食べ物が一緒に描写されるシーンは少なくはありません。ここで、アニデレ全体を俯瞰してかな子以外で食べ物が関わるシーンをいくつか見てみます。

↓つづく
posted by tlo at 02:02| 日記

2015年04月13日

10cmの背伸び 〜アニメ アイドルマスター シンデレラガールズ 13話感想 前半

13話についてはあれこれ書く事は無いと思ったのですが、13話の記事が無いのも収まりが悪く。なので、4/4にあったアイドルマスターミリオンライブの2ndライブ初日の感想を絡めて13話の感想書いたのがこの記事となります。なぜミリオンの2ndが絡むのかは、最後までお読み頂ければと...

・新田さんのつまづき
フェス当日に新田さんが倒れます。リーダーに選ばれて張り切っていた彼女は、不安を忙しさでごまかそうとしていました。
13-a1.png
13-a2.png13-a3.png

13-a4'.png
「違います。私も夜遅くまで練習したりしていたので」
悪いのは自分と、負担をかけたというPの言葉を即座に否定する新田さん。この言葉はPに対する気遣い以上の彼女の性格の根幹に根ざすものでした。

13-a4.png
悪いのは自分。ならば、行いに対する結果を受けるのも自分。それでも諦めきれない感情と、理性との葛藤。ここで無理をすればステージを壊しかねない状況に、彼女は自分の行動に対する責任を取ります。彼女は、潔癖なのです。

13-a5.png
「私が出られないのは自分の所為です。ですが、アーニャちゃんは…!」
その潔癖さは、このセリフに端的です。自分は責任を取ったけど、アーニャには何の責任も無い。だからアーニャが巻き込まれることに、その潔癖さ故に新田さんは耐えられません。新田さんはPに懇願します。

13-a6.png
「私たちにはPの用意してくれた曲と素敵な衣装しか無い」
この5話のセリフも、望外な幸運をそのまま受け止められない彼女の潔癖さ故のものだったと思えます。たとえ自分に都合の良いものでも、自分の行動に伴わない結果に、彼女は不安を覚えたのかもしれません。その不安はアーニャと共有され、ラブライカというユニットは良い方に進んでいきました。が、リーダーになったのは自らの行動の結果であり、その責任感故に、新田さんはすべて自分だけで事を進めようとしていました。アーニャとどうしてきたかという事を忘れて。よかれと思ってしたことが裏返るアニデレ世界の罠に彼女もはまります。

11-6-1.png
本論からはそれますが、みくも自分に納得のいかない事は、たとえ自分に都合の良いことでも叩き返す性分です。*はラブライカの対比と以前記事に書きましたが、似ているところもあるのかなと。

・NGのつまづき
これまでも何度も出てきた、良かったはずのことがかえって徒となるシチュエーション。むろん作劇の為のアクシデントと言えばそこまでですが、ライターの都合だけで話を進めている訳では無いのは10話のシナリオで検証済みです。ここまで執拗に描かれたシチュエーションであるなら、そこにはライターの意図以上の、作品のメッセージがあるに違いありません。

13-a7.png
NGのつまづきは3話での経験を、勘違いしてしまった為でした。未央はライブの成功をファンの動員数であると思い込み、まだ右も左も分からない凜もライブとはそういうものだと思い込みました。彼女達のデビューライブは、客観的には大きな失敗も無く、まず成功という部類でした。ですが動員数でしか判断が出来ない未央には失敗としか映りません。

13-a9.png
そもそも、美嘉のステージに上げてもらえたのは幸運の賜物でした。もちろんその後のダンスレッスンで苦労はするのですが、彼女達はあくまでバックダンサーとして採用されたのであり、3話も途中までは彼女達の不安を置き去りに粛々と進行していく舞台裏が描かれています。

13-a8.png
「運も実力のうち」
6話まで何度か口にしていた未央の言葉。彼女達のつまづきは、勘違いに対する懲罰なのでしょうか? 
9話で智絵里が倒れたことも、10話で凸の3人がPとはぐれた事も、12話で蘭子が全体曲で苦心した事も、懲罰なのでしょうか?

・木戸伊吹のつまづき
ここで冒頭に紹介したミリオンライブの話になります。木戸さんはミリオンライブに登場するアイドル矢吹加奈のCVを担当している声優です。ミリオンライブには春香たち765ASを含めて50人のアイドルが登場しており、ゲームのローンチ時点では、矢吹加奈はその中の1人に過ぎませんでした。アニデレでのNGに当たる中心的なアイドル3人でもなかった可奈。そんな彼女が劇場版アイドルマスターで、重要な助演に抜擢されます。

kana13.jpg
可奈に声を当てる木戸さんは、80年代アイドル黄金期を支えた業界大手ホリプロによる声優プロジェクトのオーデションをくぐり抜け、グランプリさえ逃したもののその才能を見いだされホリプロから声がかかったいわば、シンデレラガールです。既に深夜アニメで主演を経験したこともあり、この抜擢にも迫真の演技で応え、映画のシリアスな描写に厚みを加えました。


ですが映画成功の余勢を駆って開催されたさいたまスーパーアリーナのライブで、彼女はつまづきます。定期ライブの経験はあったものの、日本でも指折りの大規模な会場でのライブは初めて。アイドルマスターというコンテンツとしてもアリーナは初めて。節目となる記念ライブという位置づけ2万を超える観衆が集まりました。その前で、彼女はソロのアクトで出だしから感極まり、涙でまともに歌えなくなってしまったのです。
アイドルはそんな初々しさを楽しむコンテンツという一面もあります。観客が見守る中、彼女は後半どうにか立て直すのですが、その後のインタビュー等ではそのようなアクトをしてしまった忸怩たる思いが漏れ伝わってきます。
さいたまスーパーアリーナという大舞台は、木戸伊吹にとって懲罰だったのでしょうか?

・階段を昇るという事
もちろん、そんなこと考える人はいないでしょう。彼女が声優としてどのようなキャリアを積もうと考えているのか、そこまでは分かりません。ですがアリーナの舞台は、彼女が声優として昇っている階段の、あまりに大きな段差であったと思います。
4/4に行われたミリオンライブ2ndでの彼女は、控えめに言ってもアリーナとは別人に見えました。オープニングの全体曲のThank You!で一瞬アップで抜かれたある1人の演者の目力に「これほどのビジュアルを作れる人は雨宮天さんしかいないだろう」と、私などは勘違いしてしまった程です。
このライブに先立って行われた劇場版アイドルマスターの打ち上げイベントで、彼女は「もう泣かない」と宣言していました。その宣言もあり彼女のアクトを楽しみにしていたのですが、そこにいたのは「役柄上たまたま舞台に上がった声優」ではなく「アイドル木戸伊吹」でした。彼女はステージに昇る事の意義を、彼女なりに自分のものとして獲得したのだと私は思いました。

↓つづく
posted by tlo at 22:46| 日記

2015年04月05日

心を一つに 〜アニメ アイドルマスター シンデレラガールズ 12話感想

12話はこの作品にしては珍しく、キャラクターにセリフで説明をさせていた箇所が多かったように思います。非常にわかりやすく、13話に向けて視聴者にも「心を一つに」して欲しかったのかもしれません。今回はこの「心を一つに」を具体的に考えながら、感想をつづっていきます。
12-a0.png

・各ユニットの現状
8話から始まったユニット回。それぞれのユニットの長所と弱点が描かれてきました。困難を乗り越えチームワークが回り始めた各ユニットですが、ここにきてPが出した全体曲の課題により再びその弱点が露呈します。

12-a1'.png
ニュージェネレーションはCD発売イベントでの失敗の挽回を誓います。ですが、空回りする未央を御する事を誰もできていません。未央には次は失敗するわけにはいかないというプレッシャーがあります。3話でプレッシャーにのまれた未央を動かした凛が動かない事から、ニュージェネレーションはいまだ機能不全であるようです。

12-a3.png
ソロでデビューした蘭子。自らの思い描くヴィジョンそのままにデビューできたのはよかったのですが、ここにきて「ほかのアイドルと一緒にステージに上がったことがない」事が徒となり蘭子を苦しめます。良かったはずの事がことが裏返って徒になってしまう、アニデレ世界観の現れです。

12-a4.png
テレビ収録時の危機をチームワークで乗り切ったCandy Island。ですが身体能力の低さは克服されていません。杏の指摘は全うなものですが、智恵里を励まさなければならないかな子もダンスには自信が持てず、背を向けてしまいます。

12-a5.png
全体曲に一番喜んでいたのは凸レーションでした。ですが乗る気でない周囲の反応に、きらりが凹んでしまいます。まるで自分が楽しい事がいけない事かのように、周囲の空気を過敏によんでしまうきらり。10話で見せた彼女の一面もまた解決されていません。

12-a6.png
ようやくデビューを果たしたアスタリスク。例によって些細なことでぶつかり合う二人ですが、この衝突さえコミュニケーションと考えればみくと李衣菜の意思疎通には心配がないように思います。そんな二人が共通して不安視しているのは場数の少なさ。11話のイベント以降、まだステージの仕事はほとんどない様子です。

ユニットが内包する弱点は、ユニット内のチームワークで補われています。が、ユニット内では回っているチームワークも、ユニット間では全く機能しないどころか衝突の原因となってしまいます。

12-a7.png
倒れ込むCuアイドル達。NGの中では卯月はダンスを苦手としています。Candy Islandは体力も保たない様子。

12-a8.png
卯月を励ます未央。卯月は3話、6話でも描写されたように出来なければ出来るまで練習する性分です。なので未央の励ましは卯月には有効に作用します。

12-a9.png 12-a10.png
ですが未央の叱咤激励はCandy Islandの智絵里には萎縮させるものでしかありません。

12-a11.png
未央のニュージェネレーションでのやり方を、杏は拒みます。いつものどこかおどけた口調で無く、効率主義者の現実的な分析です。C.I.にはC.I.のやり方がある。が、杏には対案が示せません。
↓つづく
posted by tlo at 05:46| 日記