2015年12月06日

CHANGE!!!!とShine!! アニメアイドルマスターとアニメシンデレラガールズオープニング比較2

アニマス、アニデレの一期オープニングは一見同じように見えて、片やエンタメ指向、片やドキュメント指向で、映像的には別物と言っていい違いがあるというのが前半の結論でした。そしてドキュメント指向であるアニデレOPは後半に入るとリアリティが失われる事と指摘しました。
何故後半にリアリティが消失するのか。二期オープニングを比較しながら探っていきたいと思います。

エンタテーメント映像としてのCHANGE!!!!
Ready!!の映像は歌詞をなぞった内容でしたが、CHANGE!!!!は歌詞に沿いつつ一期最終話でブレイクした765プロアイドルの活躍を描くという二期の内容を先取りする形になっています。そしてCHANGE!!!!について特筆すべきは楽曲との同期です。以下にAメロ前半のカットを抜き出して歌詞と照合してみます。
1.png
このように映像のカットが歌詞を基準に行われ、さらに「TVでSHOWTIME♪」の箇所に顕著ですが、被写体もメロディに合わせてアクションします。Ready!!楽屋風景でも「IT’S SHOWTIME♪」の所で響と亜美真美が曲に合わせて歌いますが、CHANGE!!!!ではAメロ後半もそれが徹底しています。カットやアクション等の映像の基準をすべて音楽に置くやり方は映像プロパーから見れば異端ではありますが、ニコ動では珍しくも無く、アイマスMAD動画にはそれが前提になっているものが多くあります。アイマスMAD界隈では映像と音楽の同期をシンクロと呼び習わしましたが、このシンクロの度合いが高い動画は理屈抜きで楽しい動画になります。Aメロのシンクロの高さはReady!!以上のエンタテーメント性を求めた結果なのでしょう。そして圧巻はサビです。

アイドルマスターOP2 - CHANGE!!!!!.gif
1,2,3,と歌詞に合わせたカウントダウンに春香がステージ衣装にCHANGE!!!!する様を挟む極めて短いカットを連打した後での、カメラを移動させながらの1カット長回し。カットの時間的なメリハリも効かせて放つこの長回しのカットは3Dアニメなら容易でも作画アニメでは困難を極める事は、錦織監督であれば重々承知していたでしょう。それでもこのコンテを描いたのは、流れるように変化していく画面が極上のエンタテーメントである事も承知していたからでしょうし、事実もはや映像の快楽といって良いほどの楽しさに溢れています。

Shine!!が狙っているもの
構成も見た目もほぼ同じだったReady!!とStar!!ですが、アニデレ第二期オープニングShine!!の映像はCHANGE!!!!とは見た目からずいぶんと違う感じがします。
2.png
その違いはAメロ前の間奏に既に現れていてCHANGE!!!!はエンタメ指向らしく第一期のダンスシーンを曲に合わせて再編集したものになっていますが、Shine!!では346プロダクションの建物を背景にハラハラと散る桜の花びらが映されています。この花びらはBメロまでずっと舞い続け、Star!!のリアリティとも違った幻想的な雰囲気を醸し出します。
アニデレではキャラクタの心理描写に花を使っていましたが、この桜は第一話の公園シーンの花びらであろう事は間違いないと思われます。
3.png
音も無く舞い散る桜。動きの少ない会話シーンの間を持たせる以上の、このシーンの映像美に緊張感さえ漂わせ、それは凜の人生が一変する瞬間の予兆だったと思います。そんな変化の予兆にシンデレラプロジェクトのメンバーは
4.png気づき
5.png気づき
6.png気づき
7.png手を伸ばしますが
8.png
卯月はその予兆に目をつむったまま。完全に第二期の展開をなぞっています。
キャラクタにもオープニングとしては過剰なまでに演技がつけられ、こんな分析をするまでもなく「卯月ヤバいやつだこれ」と一期から見続けてきた視聴者なら初見で分かる程の情報量は本編と変わりありません。ここから楽曲主導エンタメ指向だったCHANGE!!!!に対し、Shine!!はストーリー主導テーマ指向と言えるのではないかと思います。

↓つづく
posted by tlo at 00:53| 日記