2008年01月27日

シンクロの極み



歌い出しのダンスがtheIDOL M@STERからエージェントに変わるのに気づいた見る専の方は何人おられるだろうか。というか、Pでも気づかないかも知れない。私も初見は気づかなかった。
この作品には主題歌、エージェント、リレーション、FS、魔法をかけて、私ドル、まっすぐ、GMW、9:02のダンスが使われている。これだけのダンスを使いながら、振り付けはロング、ミドル、アップのカメラを使い、ステージの色合いはモノクロを使い、まっったく違和感なくつなげている。結果としてカメラのカットが細かくなり、それがスピード感に繋がって……この疾走感は快感である。
アイマスMADにおいてはダンスを切れ目無く繋ぎ、あたかもアイドルが曲に合わせて踊っているように見せる=ダンスシクロさせるのが基本だ。それは映画やPVなどの映像作品での編集の基本「カメラカット」であり、この作品はその一点において最高峰の一本だと私は断言する。
posted by tlo at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10088125

この記事へのトラックバック