2014年08月30日

シンクロ概論 エディテッドPVを解析する

前回までONLY MY NOTE(以下OMN)のノーマルPVがMADに見えてしまうという原因を探りましたが、楽曲、モーション、カメラ、カットといった要因が重なって生じた現象だと分かりました。ならばそこを編集したらどうなるか、ということでノーマルPVと3つのエディテッドPVを比較してみます。比較するエディテッドPVは以下の通りです。





それぞれ見て頂いくと分かりますが「まよったりへんこんだりあるよねー」はノーマルPVと違いMAD感が無い事が分かります。当該箇所のカットを比較した画像をみてみましょう。左から、ノーマルPV(Autoカメラ)、おっぺけP、れのP、はりけんPとなります。
OMN_analisys1.jpg
要クリック(大きいので注意)

れのPは手動切り替え、はりけんPはクインテットですが「アイドルを3人映す」「ある/よねと音節カットしている」という所はノーマルPVと共通です。ではどこに差がでているのか、各人のPVを分析してみます。

おっぺけP
まずOMNの当該箇所のダンスですが、センターは歌メロダンスというか歌詞マイムなのに対し、両サイドは最初からリズムダンスを続けます。まよっ”たり”/へこん”だり”も、ノーマルPVは強拍で脚を上げるサイドのカワイイ振りを見せてくれますが、おっぺけPはセンターを重点にカメラを回します。センター重点なのは動画の構成の為で、起承転結で言えば、さびスタートが起、Aメロが承、Bメロが転、さびで結となっているからです。(余談ですが承であるAメロはミドルカメラを主に使っていてアップは1カットしかありません、その事が、転のBメロ冒頭のセンターへのクローズアップを効果的にしています)
ただそれでもセンターを写しっぱなしにするのでなく、リズムへの目配せを忘れないのがおっぺけPです。まよっ/たりでミドル/ロングへ、へこん/だりではカメラをズームアウトさせて動画側でもリズムを作っています。そしてあるよねーは、ズームアウトしたセンター響のミドルカメラからサイド春香のミドルカメラへそして別サイドの律子アップカメラへと切り替わります。被写体として見るとセンターの歌メロダンスはへこんだりで終わり、あるよねーからはサイドのリズムダンスへ移行、そのまま別サイドのリズムダンスを写す形です。ある/よねーと言葉の音節でカットするのはノーマルPVと同じですが、ノーマルPVほど変化は大きくないのが分かります。
ついでに言えば響から春香への切り替わりもパンの直後となっています。まず動きに目が行く人の心理を利用して、切り替わっているという事に意識を向けづらくする仕掛けは静止画MADで多用される技術です。

このようにただのカットにも二重三重の仕掛けを施し、そうと気づかれないように楽曲の山場へと巧妙にカットを積み重ねていくのがおっぺけPの作風。そしてその集大成がこの傑作という訳です。




れのP
れのPの動画はノーマルPVとタグ付けされていますが、カメラをご自身の意図で切り替えているのでエディテッドと比較しても差し支え無いと思います。
全体の傾向として、アップが多めで、アップ>ロングという変化の大きい繋ぎも珍しくありません。アップが多いのは恐らく手動切り替えという手法が深く影響していると思われます。アップに切り替わったアイドルはカメラに目線を送ります。目玉のような二重丸が描かれたカラスよけの風船があるように、人間を含む動物は「目」に敏感です。そしてその目線が、何でも無いハズのカットを神懸かった画にする事もあるのは私たちもリッジャーターンで経験している通りです。
OMNの当該箇所もれのPは、サイド千早アップ>センター真アップ>ロング>サイドあずささんアップという繋ぎになっています。まよったり>へこんだり>あるよねーの3つのパートでそれぞれトリオのメンバーを映すというのはノーマルPVと同じですが、ある/よねーは一度ロングに変えてからあずささんのアップです。カメラ変化の大きさでいえば、ノーマルPV以上なのですが、MAD感はありません。
理由としてはまずおっぺけPと同じくセンター真の歌メロダンスをのカットをへこんだりで終わらせている事。さらにカメラ位置も千早>真>ロングとステージ左側からのアングルを使っています。おっぺけPの響をみて分かるとおり、「へこんだり」の表情は画としておいしく、それを捨ててるのはカットの繋ぎの為かは分かりませんが(あるいはあえて表情を見せずに真の艶っぽさを強調する為かも)意図的なものだと思われます。
ある/よねーをロング>あずささんアップにしたのは、さらにその後の「きっと見つけられるはずさ」のパートをロングで始める為だろうと思うのですが、ここであずささんをステージ右からのカメラで切り返すという大胆さ。カメラ目線のあずささんの奧に真、千早が並ぶというこれもおいしい画ではあるのですが、それを繋げて破綻しないのは被写体がリズムダンスを続けている事が大きいと思われます。
MADでもれのPのアップ多めの傾向は変わりません。一歩間違えると破綻してしまう危ういカットをこともなげに繋ぎ、アイドルの表情を楽曲の情感に合わせる事で歌ってる感を高める。これもシンクロの一つの形です。

現在の集大成であろう最新作では、パンズームを利用してロングからロングへそしてアップへ繋げる神風式を駆使し、表情シンクロの技術が遺憾なく発揮されています。

はりけんP
はりけんPはどちらかと言えば大きなダンスモーションにカメラを回す傾向があります。「まよったり/へこんだり」もセンター春香の歌メロモーションで無く、リズムモーションであるサイド雪歩とサイド真美にカメラを回しています。さらにBメロの「どんなピンチでも超えていける」のパートで各メンバーがポーズをとる所では、おっぺけPやれのPがカットでそれぞれ1人づつ見せている所を、はりけんPはカットでは5人全員を見せきれない為、苦肉の策としてロングをそのまま流しています。ここで苦肉の策と書いたのは、全体的にはむしろ曲にあわせてカットが多いからです。
実際今回の分析箇所でも、「へこんだり」の後にある一拍ほどの間隙にロングカットを入れています。このロングカットがある為に、後のある/よねーのパートがノーマルPVと同じミドル/ロングになっているのに関わらずMAD感がありません。このミドルが恐らくAutoカメラのミドルではなく、手動ミドルカメラの上方からのアングルで、切り替わったロングもクインテット用でほぼ正面のアングルである事も大きいかと思います。
音の間隙にカットを入れるのがはりけんPの特徴で、それが一番分かるのがBメロの「どこまでとどくかな」と「溢れた涙も音符にかわっていく」の間にあるギターに合わせてやよいアップのカットです。おっぺけPも同じタイミングでカメラを春香にパンさせていますが、カットを入れるまでには至っていません。
この技が一番映えるのがサビ直前のフェードズームアウトです。4拍目の「新しい世界へ」という歌詞がアウフタクトで始まるこのタイミングに仕掛けているのははりけんPしかおらず、実際必殺技認定してもいいかと思われます。

HELLO!!もGO MY WAY、READYと同じ神前節のアイマス主題歌でOMNもこの系譜に連なります(個人的にはアイマスアンセム曲と呼んでいます)。そしてここでもはりけんPは必殺技を使っています。

以上、楽曲、ダンスモーション、カット位置、カメラアングルの4要素で3人のエディテッドPVを分析してみました。最後に私もOMNのエディテッドPVを作ってみたので、分析的に見てみるのも楽しいかもしれません。
posted by tlo at 20:00 | TrackBack(0) | 動画紹介
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102955832

この記事へのトラックバック