2015年02月04日

アイドルxEDMーあるいはオフボーカルの勧め

シンデレラガールズのシングルシリーズTHE iDOLM@STER CINDERELLA MASTERの新譜がこのほど発売されました。このシリーズの特徴であるバラエティに富んだ楽曲は新譜でも健在。中でも速水奏の"Hotel Moonside"は視聴が公開された直後から衝撃を持って迎えられました。曰く「アイマスにEDMが来た」「アイマス meets EDM」等々。

このEDMという音楽ジャンル。この記事を読むと分かるのですが

・四つ打ち、四つ打ちを使う。
・四つ打ちでね、なんかね、ボーカルが乗ってるの。歌うの。
・なんかね、CMとかで聴いたことがあるはず。
・よくさ、レイブとかでかかるかもしんないって感じ。
    (⌒⌒⌒)
     ||
    , ‐、 ,- 、
   ノ ァ'´⌒ヽ ,
  ((iミ//illi)))  < 絶対こんな説明じゃわかんないよ!
   ) ⊂リ・ω・ノ(
  ´ /    ∪
   し'⌒ J |l| | ペシッ!!
        ・゚・。゚・ 。 ゚
       )⊂二⊃(
       ⌒)   (⌒
        ⌒Y⌒

と、非常にふわっとした定義で、むしろディスコとかクラブとか使用されるシチュエーションから定義される音楽と考えた方が良さそうです。ともあれ、聞けば分かると記事に書かれている事は事実で、実に乗りの良いキャッチーな音楽。Hotel MoonsideもEDMであることが了解されると思います。
ただし、これはバンナム内製曲。当然ただのEDMである訳が無い。早速、他のアイドルEDM曲と聞き比べてみましょう。




4つ打ちとボーカル。聴けば分かるというEDMの用件は満たしていると思います。多分。そして、これだけではHotel Moonsieとの違いは分からないと思います。オフボーカルを聞き比べてみましょう。



上二つがボーカル無しではカラオケにしかならないのに対し、HotelMoonsideがボーカル無しでも曲として成り立つ事が分かると思います。世界で一番視聴されているEDMさえ、オフボーカルにはそこまで音の厚みはありません。


EDMという楽曲自体がふわっとしたものなので、様々な解釈で楽曲が作られているのだとおもうのですが、HotelMoonsideの音の厚みは歌メロを生かしたポップスという解釈では作られていないのだと思います。いつか記事に書いたバンナムサウンドチームのクラブサウンドへの傾倒が露わになった、つまり先に発売されたリミックスアルバムと同じスタンスでは無いかと思うのです。むしろ歌メロがおまけじゃないかというぐらいのバックトラックへの傾斜があるのではないかと。

今回はHotelMoonsideを取り上げましたがこれに限らず、今回発売された新譜、例えばフレンチポップ然とした宮本フレデリカ曲"きまぐれ☆Cafe ou lait!"さえオフボーカルでもインスト曲として十分に聞けてしまえます。もちろん過去曲も同様で、デンパ曲のあんずのうたや歌謡曲Angel Breezeにも新たな発見があると思います。ランティス側のアルバムには付いてこないオフボーカル。バンナム内製曲の特徴でもある音の密度を楽しんでみてはいかがでしょうか。
posted by tlo at 15:17 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113172600

この記事へのトラックバック