2015年02月27日

Who cast a spell? 〜アニメ アイドルマスター シンデレラガールズ7話感想(後半)

前半の続きです

走るプロデューサー
7-22.png
7-21.png
走り出すプロデューサー。その方向は原則通りのポジティブな左←右です。ですが、この方向には原則以上の意味があるのではと思っています。Pの現状として説明したカットに、画面左側には大きな空間がありました。そしてその空間というのは失敗した過去ではないかと述べました。だから、そちらに向かって駆け出すのは、過去から今を取り戻す為の行為ではないかと思うのです。
車輪になるという選択こそが過去へのこだわりだと先に述べました。それは埋み火のごとく彼の心に燻っていたに違いありません。未央との行き違いによって再び燃え上がった悔悟の念は、卯月が未来を指し示した事により、彼を疾駆させる力になったように感じます。やり直すことは出来ない。だけど繰り返すわけには行かない。彼にとって未央と凜を連れ戻す事は、すなわち己を取り戻す事になったと思うのです。

プロデューサーと未央
7-27.png
成り行きとは言えプロデューサーは未央と同じ空間にようやく立ちます。Pは右、未央は左。未央は背を向けているものの、去って行くアイドル達の構図とは逆で、卯月や凜と同様に未央も過去の少女達とはやはり違うのです。
7-28.png
立ち去ろうとする未央に追いすがるP。その一歩の靴音にはエコーがつけられ重要なものである事が強調されています。Cパートの凜未央卯月の3人の第一歩と、この一歩は意味合いとして全く同じ、再生の為の第一歩です。
7-29.png
未央の隣に立つP。今までに比べればずいぶんと近い位置に立っていますが、互いに目を合わせてはいません。
7-30.png
Pは未央と同じ目線になって、未央と同じものを見るためにしゃがみ、写真を指し示します。卯月がしたように、彼は未央とコミュニケーションをとろうとしています。
7-31.png
「私はこのままあなた達を失うわけには行きません」
この言葉は自分の思いの吐露でしかなく、そこに未央の都合はありません。ですがインターホン越しのアレとは全く質が異なります。リーダー失格だと泣く未央に、Pはプロデューサー失格だと己を呪った自分を重ね合わせているのではないでしょうか。この言葉が説得力をもったのは、これがPの想いでもあり未央の想いでもあった為だと思うのです。
7-32.png
広い空間。2人は狭い空間で仕方なく距離を縮めたのではなく、自らの意思でそうしています。画面センターとなる自動ドアの桟を見れば、Pが未央によりに近づいている事も分かります。



プロデューサーと凜
凜は非常に聡明な少女で、今回の件で自身の問題を的確に説明しています。
7-33.png
「アイドルがなんなのかよくわかんなくて、わかんないまま始めて、よくわかんないままここまで来て・・・でもこのままは嫌。迷ったときに誰を信じて良いのかわかんないなんて、もうそういうの、ヤなんだよ」
はっきりとプロデューサーに対する不信を口にする凜。事実今回のトラブルがここまで深刻になったのは、Pに責任があったと言わざるを得ません。ですがその不信を訴える声は震え、Pに叫んでいるようにも聞こえます。「信じさせてよ」と。
7-34.png
7-35.png
この二つのカットは卯月のシークエンスと、未央のシークエンスに差し挟まれています。どこか遠くを見て、誰かを待っているような視線は、やはりPが来るのを待っていたのだと思います。彼女もやはり、かつてPの元を去って行った少女達とは違うのです。
7-36.png
7-37.png
1話では卯月に背中を押された凜が、Pに駆け寄る形でした。7話では凜が左に座り、Pが右側に立っています。凜がPを責めた事務所のカットの逆転です。が画面左側に座る凜に、画面右からP自らが歩み寄り距離を縮めて手を差し出します。Pは自らが問題だったと率直に認め凜に己の決意を伝えます。「努力します」というのは彼なりの誠実さですが、凜はそれに躊躇します。最終的には未央が2人を結びつけるのですが、凜とPの距離は、まだこれからであることを暗示しているようです。

シンデレラの魔法
アニメシンデレラガールズの脚本担当の高橋氏は、3話でかかった魔法が6話で解けて、7話で改めて自らの一歩を踏みしめる形だとツイッターで説明していました。ですが、7話では新たな魔法が示されたように思います。

それは、アイドルがプロデューサーにかける魔法。

プロデューサーの呪いを解いたのは、お姫様のキスならぬ卯月の笑顔でした。
彼は車輪であることを止めました。Star!!の2番にこのような歌詞があります。

カボチャの馬車はないけれど
キミがここにいるなら
ねえ、いけるよね? 
夢の向こうの新しい世界

彼は1人のプロデューサーとして、アイドル達に寄り添って行くのでしょう。
ですが美嘉が陥ったように、シンデレラの魔法は常に紙一重です。
その魔法が裏返ったとき、彼は彼女たちを守り切れるのか。
8話以降が本当に楽しみです
7-38.png
posted by tlo at 04:27 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114339190

この記事へのトラックバック