2008年03月09日

美希かわゆす2

3-91.bmp
無印で美希をプロデュース。

……かわゆす

美希はものすごく自然体だ。千早や伊織は周囲とのなんらかの軋轢があるけれど、美希は箱入り娘として育てられた。また大抵の事は人並み以上にこなしてしまう為にコンプレックスもない。
だから美希は、無垢なままに育っている。「空気が読めない」「ゆとり」というイメージはこの辺りからきているのだろう。

そしてPに対する依存心は10人のアイドルの中で1番強い。さらに覚醒してしまうと、Pの言うことが絶対になってしまう。クイズ番組で間違えた答えを教えてしまって不正解になったときの美希の反応には正直驚いた。

例えば千早は羽に怪我を負った鳥で、Pはそれを癒し、飛び立つ空を指さす事が求められた。が、美希は生まれたばかりのヒヨコで、親としてすり込まれたPに健気なまでについてくる。そしてPは美希を見事に成長させることもできるし、ダメにすることも出来てしまうのだ。

今回久しぶりに無印をして、Pに思わず感情移入してしまい、何かと迫ってくる美希には腰を引いてしまったのだが、最後には「俺がお前を導く」とそれなりの覚悟をもって美希を受け入れることになった。

他のアイドルでは「本来の魅力をPが発見し伸ばしてあげる」というのストーリー展開が為されるのだけれど、美希についてはその無垢な白さを、Pが自分色に染め上げることになる。

今回の新作では美希には黒に染まってもらうことにある。あるいは、その白さを生かすことにするのか……いずれにしても、作業しながら美希の新たな発見をしていくことだろう。
posted by tlo at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12142350
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック