2008年07月05日

画質と色調補正

azusa-ridgerturn.bmp

プロセスアンプにて明るさ-50、コントラスト200、彩度110。
画質を決める要素はいろいろあるけれど、一番大きいのはbps。ノーマルPVなら1500kbps前後の動画を昔は半分以下の600kbpsに詰め込まなければならなかった。一秒当たりの情報量を減らしてエンコード時の負担を軽くするために、画面を暗くするのは常套手段だった。※1 過去形なのは設定が変わったから。
今や抜きピカのご時世なのだけれど、それでもこの暗い色調に魅力を感じてしまうのは、あの作品の影響なんだろうなぁ。


※1暗くしなくても情報量が少なければ画質は上がる。わかむらPのポリリズムが綺麗なのは背景が白いから。
posted by tlo at 02:01 | TrackBack(0) | 制作中
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16640453

この記事へのトラックバック