2008年11月17日

おっぺけP2


おっぺけP作品

以下11/17追記

自分にとって、RidgerPはファンである以上に目標であるのだけれど、おっぺけPは目標である以上にファンだ。今までおっぺけPの作品を言葉に出来なかったのは、ファン心理の方が強かった為だったのかもしれない。だから、この新作について語ろうと思ったとき私は畏れた。

だって自分にとって「言葉」にするというのは、その作品を分析してその構造を巧妙に真似てパクるという事だから。

かといって他の語り口を探してみたけれど、音とシンクロという切り口ならばzeit氏の持つ素養には敵わない。この作品を見たときに感じた熱を伝えようとするならばキリコ氏の熱さには及ばない。動画の中に深く切り込む婿固め氏のような鋭さを私は持ち得ない。見る専ブロガーさん達の煩悶をようやく言葉でなく心で理解できた。

それでもあえて、この作品にメスを入れてみようと思う。あまりに些末な技術論に堕するとは思うのだけど、それでもこの作品を写す鏡の一つにはなるだろう。





0 基本情報
・使われているダンスは蒼い鳥、リレーションズ、FS、エージェント、まっすぐ、9:02pm、i、主題歌、魔法をかけて、MBF、SS、思い出、MS、私ドル、ポジティブ。ゆりあPのIwant、itachiPのメリーに連なる「カメラカットシンクロ」の最新形態である。
・1:58はFSのデュオにリレーションズのソロを合成。2:27は固定バグでリレーションズのソロとデュオを合成。3:02〜11に出てくるロングは固定バグでリレーションズのデュオとエージェントのソロを合成。合成で「背景を作る」のでなく「ダンスを作る」というのは、わかむらPに連なる「PV風」とは真逆の発想である。


1 おっぺけPは「プレイヤー」であるということ
ニコマスには音弄りが出来るPは沢山いる。楽器の出来るPもいて、様々なremixを聞かせてくれる。そしておっぺけPも実は楽器の出来るPだ。純粋な「プレーヤー」であり、バンドを組み、ライブの経験もあるPだ。自分はシンクロをヴォーカルやメロディーに合わせることが多いのだけれど、おっぺけPはもっと広く音を拾っている。だからビートに合わせる「シンクロきもちいい」系のシンクロでは無かったりする。

2 カメラカットと「おっぺけフラッシュ」
ノーマルPVではカメラカットは基本的には「小節」毎に設定される。だけどこの作品ではカットはもっと短い。そしてそのカットは「音」にあわせてきってある。さらにばっさりとカットしたかと思えば、時にはディゾルブ時にはホワイトアウトとトランジッションさえも音の強弱にあわせて細かく調整されている。基本的にドラムに合わせてある「フラッシュ」の効果も同様だ。音の強弱、曲の構成に合わせ、きめ細かく調整されている。

そしてこのカメラカットとフラッシュ、ダンスシンクロが積み重なっていった末、奇跡が起きる。

3:44の真が腕を振り下ろすワンカット。このカットを境にいままで流れていたコメントが殆ど止まってしまうのだ(2008/11/17 19:00現在)。

確かに捏造ステージの目新さは楽しいし、エフェクトやパーティクルは綺麗だ。だがどんなステージを作ってどんなエフェクトかけたとしても、たった1カットで空気を変える等という事は絶対に出来ない。私は戦慄さえ覚える。1秒に満たないたった1カットにだ。


これこそが『謎の技術』ではなかろうか?



3 ライブ感覚
RidgerPとおっぺけPの共通部分は、この二人の動画が基本的にライブであるという事だ。そしてこの二人の違いは、RidgerPは「ポストプロダクション(仕上げ)のエディター」であるのに対し、おっぺけPは「カメラマン」である事だろう。
RidgerPは誰か他のカメラマンが撮ってきた「ライブの記録」を編集し一つの作品を作り出す。「ロング」が多用されたり、アイドルに焦点があってない「オフショット」をつなげたりするのも、「記録」を残そうとするそういったエディターの感覚だと思う。
一方おっぺけPはカメラをもってステージに上がってアイドルの「熱」を切り取ろうとする。おっぺけPの代名詞となっている「アップ」と「スロー」はアイドル達のライブの正にその一瞬、「熱」を切り出すためのものだ。
これはおっぺけPが「プレイヤー」であることと無関係じゃないだろう。私も含め殆どのPは「ライブを見た」ことはあるだろうけど「ライブをやった」事は無いはずだ。だけどおっぺけPは「ステージ」をアイドル達を同じ感覚で知っている。初見時、作品も終わりに近づくと私は自然と涙が出た。私はきっと、千早と真と美希と、そしておっぺけPのライブを見て涙していたんだろう。


以上、分かったことは私がおっぺけPのファンである理由だけだったりする。
やっぱり俺は隙だらけだった。
posted by tlo at 00:30 | TrackBack(0) | 動画紹介
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22947882

この記事へのトラックバック