2009年02月17日

アイドル3

#私信をいただいた方へ>昨日のコメントはこちらに届いておりませんでした。が、今回の新作についてはこの記事以上の事は語るつもりはありません。ご了承下さい。
#追記:削除には応じません。

今回の新作については、わざと誤読を誘うように必要以上に情報を詰め込んでいます。なので、タネが分かれば実は単純な動画です。

実は以前から、夢ばかり語られる「アイドル」の裏について考えてきました。まず一つ言えるのは、アイドル=個人ではないという事です。

タクヲP作品
アイドルというものは「イメージ」です。本体は無いと考えます。つまり、プロデューサーである私達の知っている「天海春香」と、ファンが知っている「アイドル天海春香」は別個のものです。このことは「黒春香」「閣下」といった「イメージ」を思い出していただければ分かると思います。そしてそういった「イメージ」をファンは熱狂的に支持しますが、それもいつかは飽きられ忘れ去られます。それどころか、ファンは「イメージ」を傷つけられればその個人を攻撃します。娘。に12歳でデビューした彼女達の今を思い出してください。

アイドル=個人ではありません。往々にアイドルは「プロジェクト」の為にスカウトされます。今回のMADに使った曲"Moi..lolita"を歌うフランスのアイドルAlizéeが正にそうでした。最初にMoi..lolitaという曲がありプロデューサーはフレンチロリータのコンセプトの元、Alizée Jacoteyという少女をAlizéeとしてアイドルデビューさせたのでした。



そして彼女は今もフランスの芸能界で活動しています。ロリータを脱し、セクシーアイドルとして歌い続けています。アイドル≠個人であるならば、アイドルという生き方を選んだ人間は「イメージ」を変え続け、生き続けていけるのです。ですがアイドルという生き方は非常に特殊な生き方でもあります。



これは今回の動画を作るにあたって参考にしたAlizéeのそっくりさんのストリップショーです。YouTubeを探せばもっときわどい動画も見つけられますし、外国のカメラ小僧(あるいは正規のカメラマン)が撮ったAlizéeのパンチラライブ動画も見つかります。アイドルは夢のある生き方ではあるのですが、一方で「欲望に身をさらす」生き方なのです。


アストロP作品
これも今回の動画を作るのに参考にした作品です。アイドルという生き方を選び取った少女を叙情豊かに描いた作品です。もし、この作品を見て何も感じなかったというのなら、最早語る言葉はありません。

あの作品はアイドルという生き方をどこまでもリアルに突き詰めていった動画です。まるっきりエロ同人だというのなら「小向美奈子」でググってみてください。何故ニコマスでやる必要があったのかと言うのなら「私がニコマスで伊織をプロデュースしているから」としか答えられません。

後は考えていただけたらと思います。
posted by tlo at 21:43 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26860378

この記事へのトラックバック