2009年07月13日

つれづれと


SSとか素材集めとかコンテ切りとかしていたのですが、ようやく新作の実作業に入りました。7末か8初には上がると思われます。
・それまでは更新ありません。大して更新してなかったけど。
posted by tlo at 00:39 | TrackBack(0) | 日記

2009年07月07日

二次創作の彼岸



ボカロは「プロとかセミプロが本気出して一次創作する」戦場ってイメージがある。少なくともミクの発売元であるクリプトンは、閉塞した音楽業界に風穴を開けるつもり満々だ。実際、ミクのCDが商業流通に乗ったり、リンに声を提供した下田さんがボカロPの作曲した歌を歌ったりと、その目標は着々と達成しつつあるんじゃないかなと思う。
だけどクリプトンにも誤算があった。二次創作のコントロールについてだ。そもそもボカロは「楽器」か「キャラクタ」かって事でいろいろ意見があるそうだ。が、実際にはネギとかロードローラーとかタコとか、クリプトンが思いもよらない二次創作が産まれている。
二次創作は著作権を侵害しているわけだけど、著作権者は実害が及ばないと判断する限り放って置くのが今までの対応だ。取り締まるのはコストに見合わないし、場合によってはイメージダウンに繋がるからだ。
クリプトンもエロ同人とか立体化とか、当初は二次創作には対応に戸惑っていたという。が、そんな二次創作に対してもガイドラインを広げ、認めるものは認めていこうという話になったらしい。
この動画に出てくる「キャラクタ」弱音ハクも二次創作の産物だ。そんな二次創作のキャラクターがゲームに登場するのだから驚く。「ぼくの考えた超人」が採用されるのとは次元が違う。
クリプトンの試みは極めて実験的であるけれど、今の時代のキャラクタービジネスの最先端じゃないかなと思ったりもする。魅力的なキャラ(コンテンツ)を作れば、ユーザーもメーカーも関係ないのだ。アイマスも「閣下→Iwant」という例があったりする。

何が言いたいかと言えば、魅力的な伊織をプロデュースしたいなと。
posted by tlo at 20:00 | TrackBack(0) | 日記

2009年06月27日

アイドル6





LADY GAGAは海外で今売り出し中のアイドルで、今度日本にも来るそうです。で、上の映像はカナダで行われたというミュージックビデオ大賞で海外部門を受賞した時のライブ。で、下の映像が受賞したPV。



アメリカショービズでのし上がってきただけあって才能も大したもの。ピアノの弾き語りが出来てしまうだけで驚くけれど、テレビショーで観客に合わせてアドリブまで魅せてくれたり。



で、この映像は多分彼女の地方営業の模様を撮したもの。ニコのアップが今年初めだからこの映像は去年末辺りのものかもしれない。海外のアイドルにもこんな時期があるんだなと、驚いてしまった。

↓つづく
posted by tlo at 20:09 | TrackBack(0) | 日記

2009年05月31日

i@コラ2裏話



実はというと今回はアイコラに参加する予定はありませんでしたw とはいえ、何らかの形では関わりたいと思っていたのでCMを作ることに。通りすがりの変態さんのカワイイ絵が欲しかったという理由があったり、AEの作業に慣れたいという思惑もあったりしましたが、とにかく試行錯誤しながらCMの制作を進めていました。

が、運営でちょっとしたアクシデントがあって急遽参戦。担当アイドルは伊織。そして引き合わされたのが柏城P。出るからには穴埋め程度のものは作れない、相方は独特な線が好きだった柏城P、まして担当は伊織。

勝つ……!

で、柏城Pとの最初の打合せで「コレを作りましょう」と見せたのが



キネティックタイポでした。
ニコマスは当然ニコニコでさえ目新しい表現形態でありながら、実はYoutubeには大量の「手本」があるという、実にオイシイ挑戦のしがいのあるものでした。タイポに負けない柏城Pの太い鋭い線がはまるだろうという算段もありました。



今回特に参考にしたのがこの作品。柏城Pもカッコイイと興味を持ってくれて、私の提案に賛同してくれました。3Dカメラでぐりぐり動きながら、様々なアイデアでタイポがうたれるというもので、今回の合作と見比べてみると面白いかもしれませんw

選曲は柏城Pにお願いしました。「テンポが速くて、タイポしやすい曲」とリクエストするとその場で出てきたのがくるりの「リボルバー」でした。サビの連呼が面白く、なによりキネティックタイポなのに「伝えるのは言葉じゃないんだろう」という歌詞が気に入ったので即決※1


今回絵コンテやそういうものは作りませんでした。当初私がコンテ切るつもりでしたが、それでは柏城Pを「下請け」にしてしまい合作として面白くない。柏城Pにもこの曲からイメージが湧いて出てくるという事なので、柏城Pには思うままに描いてもらうことにしました。そして、出来上がった絵を私のイメージで並べるという事に。ただし好き勝手やり合うだけじゃなく、互いに「ハードル」をもうけました。

柏城Pは30枚描く
私はその30枚をりんごPのコレみたいに動かす。



なので

心は前のめり日記。さま

こちらの記事で今回のコラボは「競り合う」と書かれているのはある意味正しかったりしますw



※1 伊織のセリフを入れて情報過多にしたのは実はこの動画が伝えるのは「言葉じゃない」って所だったりしますが、私には手に余る演出でした。反省。
↓つづく
posted by tlo at 03:05 | TrackBack(0) | 日記

2009年05月30日

新作


revo.png




沢山のご試聴と投票ありがとうございました。
i@コラ2の単品です。
よろしくお願いします。
posted by tlo at 00:45 | TrackBack(0) | 日記

2009年05月28日

i@コラ2開催中





柏城Pと組んで参加しています。よろしくお願いします。
投票はこちらです。5/28いっぱいが〆切です。
posted by tlo at 00:00 | TrackBack(0) | 日記

2009年05月27日

伊織の隣に



伊織の隣に…があまりにすばらしかったので、勢いで編集したら寝る時間が無くなったでござる。 伊織、きれいだよ伊織。
posted by tlo at 04:05 | TrackBack(0) | 日記

2009年05月18日

〆切ヤバイ

超ヤバイ!

posted by tlo at 00:56 | TrackBack(0) | 日記

2009年05月13日

ガラスのロープを目隠しで渡る


わかむらP


MADを作る事と発表する事は別物だ。
静止画MADも祭りにニコ動を利用するけど、祭りが終われば削除する。それが昔ながらのMADのやり方なのだと思う。が、ニコマスは「MADがいつでも見られる」。同人誌が本来「頒布」であるのにかかわらず実質商業流通してる感じかも知れない。
「MADがいつでも見られる」というのは、ニコ動をはじめとする動画配信サイトの発達で生まれた新しい動きだと思う。新しい動きなのでルールなどあるはずがない。結局はアップと削除を繰り返して超えてはならない一線を見極めていくしかないのだろう。
ここで注意したいのは、MADがいつでも見られるという状況が「ユーザーの努力や自重」で守られているわけではないことだ。現状はニコ動運営と権利者との間の様々なやりとりや交渉がもたらした「打算」によって保たれているにすぎない。権利者がその気になれば、スパイダーマッのような対応もとるのだ。
MADは水面下にとどまるべきなのか、あるいは新たに地平を切り開こうとするのか、二者択一でその方向性を問われれば後者を選びたい。だけど新たなルールを作るための前進も、尻馬に乗って遊ぶのも、危うい薄氷の上でしていることは覚えておきたいと改めて思った。

そんなこんなは置いておいて「ロボットハニー」は作品として良くできているしマイリスした。わかむらPもいろいろ挑戦してるけど、この手の音楽のPVが一番得意なんだなと改めて思った次第。

一つだけ的はずれなことかもしれないけど、こんなスキャンダラスな流れになって美希可哀想だなと。批判コメの中で踊る彼女を見てそう思ったのだけれど、お前が言うなと言われればそれまでだけれど。

posted by tlo at 19:59 | TrackBack(0) | 日記

2009年05月02日

つれづれと

アイドルはイメージだ。実際のプロダクションはそのイメージを作ること、そして守ることに必死だ。所属アイドルの教育、管理は当然のこと、スキャンダルはそれが露見する前にもみ消しもする。

アイドルはイメージだ。それは2次元も3次元も変わらない。
デバッグモードをそのままにして出荷したり、ゲームと瞳の色が違ったりするのはどうなんだろう? 

プロダクションにとってアイドルが商品ならば、製造業における品質管理と変わらない。アイドル云々言わなくとも、商品管理、コンテンツ管理としていろいろとアレな気がするけれど、こんなブログで公式にぐだぐだいってもしょうがないのだけれど。


以下SPストーリーモードのネタバレ。
伊織、やよい、千早、律子、春香を終わらせた感想です。


↓つづく
posted by tlo at 05:36 | TrackBack(0) | 日記

2009年04月26日

\(^o^)/

IMG_0152.jpg
posted by tlo at 02:14 | TrackBack(0) | 日記

2009年04月25日

体型と表現

body-modeling.png

オフィシャルページにはアイドルの身長体重3サイズが記載されている。
ゲーム上のパラメータでアイドルには得意不得意が設定されている。

が、実際の彼女達はその「設定」には囚われない。こうして3Dモデリングを比較すると、いろいろつじつまが合わないことが出てくるのだ。特に美希と千早のヒップは逆転現象が起きていたりする。

また伊織を美希との比較すると、伊織は肩幅が美希より狭いのに、ヒップはほぼ同じということが分かる。二人の身長差を考えても、伊織のお尻は大きめなのだ。この二人についていえば、美希は逆三角形のモデル体型、伊織は三角形の安産型ビーナス体型という事が分かる。

図の「HIP LINE」は腰の一番くびれた所からトリミングしたものだが、千早のスレンダーな印象は局所的なメリハリの無さではなく、全体のラインに起因する事が分かる。

3Dモデリングの開発の際には体型も個性付けされたに違いない。そして3サイズなどの数字は後付されたのだろう。72とか91とか数字に囚われていては、本当の彼女達は見えてこないのかもしれない。

追記:まこTPによると3サイズはある程度決まっていたそうです。ありがとうございました >各アイドルの成り立ち

↓つづく
posted by tlo at 20:17 | TrackBack(0) | 日記

2009年04月15日

説得力

mirage.png.png

実写合成に問われるスキルはカメラマンと絵師のものであろう。
合成する映像の明るさや光源や当然、撮ったカメラのF値やレンズまで分かればなにをどう調整すればいいのか有利と言える。樹海の糸で脅威の映像を作り出したじゃんPがカメラの知識を持っていたと知った時には頷いてしまった。
そして遠近法はルネサンスの時代より絵師達が研究し続けた成果がある。遠近法は合成の基礎だし、空気遠近法まで理解できればやはり何をどう調整すれば良いのか分かるというものだ。

……などとこんな事まで勉強してるとホントに動画作る時間がないんだけどっ
posted by tlo at 21:37 | TrackBack(0) | 日記

2009年04月13日

つれづれと


・積まれたタスクに目が回る。
・伊織誕生祭は遅刻確定。1ヶ月ぐらい。
・でも軽い習作みたいの作りたくなったかも。



posted by tlo at 02:20 | TrackBack(0) | 日記

2009年04月05日

色調補正3

yayoiori4-4.png

動画の高級感を高めると言うことは「プロの仕事」に近づけると言うことに他ならない。素材の色調補正、フォントの選択、画面レイアウト、配色等々、それは主にDTPやウェブデザイナーに求められるスキルだろう。

で、そんな事を考えながらAEをいろいろといじっていくと、はて俺が見せたいのは高級感溢れる動画なのだろうかと、アイマスMADからどんどん離れていく感覚に襲われる。

技術は技術と割り切って、何を見せたいのか見定めないといろいろと振り回されるんだろうなぁ。↓つづく
posted by tlo at 00:49 | TrackBack(0) | 日記

2009年04月03日

色調補正2

yayoiori4-3.png

どんなに高い編集ソフトを買おうとも、結局出てくる絵は自分の思い描いたイメージに他ならない。たまたまパラメータいじっていたら思いがけない面白いものが出てくる場合もあるけれど、全体構成を考えればむしろ入れてはならない場合もあるわけで。
それは色調補正にも言えることだ。
同じ絵でも補正が違えば伝わる印象も違う筈で、与えたい印象を突き詰めて考えて表現を「演出」までにする必要があるのだろう。
posted by tlo at 00:35 | TrackBack(0) | 日記

2009年04月02日

色調補正

yayoiori4-2.png

色調補正はプラグインを入れたりいろいろ試しているのだけれど、「ああすればこうなる」というのは分かっていても、原理までは理解できていなかった。行き当たりばったりじゃ面白くないのでいろいろ本を探して行き当たったのがこれ。プロユースだけあってまずモニタの色調整から始まって驚いたのだけど、そこは流石はパスして読んで、「コントラスト」や「トーンカーブ」の原理をようやく理解。
で、こんな本を読んで原理が理解できるとわかむらPやそして恐らくメイPのようなDTPをしているPとの彼我の距離も逆に理解できてしまい溜息。
とはいえ、新しい知識を得るのは楽しい。再生数には結びつかないだろうけれどw
posted by tlo at 02:23 | TrackBack(0) | 日記

2009年03月20日

例の

食べやすいようにナイフとフォークを用意します。
前菜も出します。

でも、ステーキが固いのはそういう料理だからです。

さいころ型に切るのはともかく、食べやすいハンバーグを出す気は私にはありません。

だけどよく噛めばおいしいと、そういう努力はしていきたいと思います。

↓つづく
posted by tlo at 19:00 | TrackBack(0) | 日記

2009年03月14日

ニコマス民はカクテルのメンツに驚愕した、一方俺はi@コラの紹介をした



前回もシネMADとネタMADに埋もれかけたというのに、カクテルの話題騒然のこの時期にCM投下とか、運営は祭り自体を埋もれさせたいに違いない。

実際、この祭りの敷居は他の祭りに例を見ない高さです。

・ランダムで決められたペアで
・与えられた担当アイドルを中心とした動画を
・期限内に
・合作して
・ベストカップル賞を目指す

しかも祭り自体が運営によって埋もれさせられるという状態で「祭り」が出来るというのか?

出来る、出来るのだ

不屈の精神をもった紳士にあっては、自己に与えられた過酷な運命こそ、かえってその若き(ry



……というわけで散々煽りましたが、他の祭りと若干雰囲気が違うのは事実で、前回参加者の一人としての感想は、参加者のやる気の高さというかバイタリティは非常に高かったように思います。CMさえも参加者が行います……というか自分の作品への投票をお願いする選挙CMなのですがw







技術の向上など何か意識がある方には、この祭りはうってつけと思います。
すこし背伸びして、門戸を叩いてみてはいかがでしょうか。

>>運営ブログ
posted by tlo at 23:43 | TrackBack(0) | 日記

2009年03月13日

つれづれと

・例の動画についてようやく一区切り。ようやくSP断ちを解除できる……!


lolita02.png
夏蜜柑Pに作っていただいた映画ポスター案。壁紙サイズの大きな画像まで作っていただきました。ありがとうございました。

・しばらくはSPを楽しみたいです。でも今年の誕生祭には動画を上げたいと思います。




posted by tlo at 00:01 | TrackBack(0) | 日記