2008年09月05日

coll@boその後

cm.png

ようやく動画を昨日提出。
肩の荷も下りたと思ったのも束の間、運営の人に言われました。
「遅刻者はCM作れ
 作らないとついばむ、あるいは吐きかける」(だいたいあってる)

しかし! ネタ☆MADの盛り上がりに完全に陰に隠れ、ニコマスwikiにさえも壮絶に黙殺されている状況にどす黒いルサンチマンを押さえきれなくなっていた俺は、「Pなら動画で応えろ」という言葉に従い作業と平行して既にCMを制作中だったのだッ!!

……というかCMも間に合いそうに無いんですが。
 とりあえず、他の方のCMをどうぞー
posted by tlo at 20:09 | TrackBack(0) | 制作中

2008年08月30日

つれづれと

iori8-30.png

・嵐が丘は予想通り俺涙目w
・トカゴもシネMADもネタMADも顧みずに伊織と仕事中。
・締め切りヤバイ。超ヤバイ。
posted by tlo at 23:18 | TrackBack(0) | 制作中

2008年08月20日

千早と伊織と蒼い鳥

aoitori8-20.png

これは没カット。千早のソロパートに伊織を撮そうと狡猾に考えたけれど邪魔にしかならなかった。やはり蒼い鳥は千早の歌だと再確認。
でも、伊織の蒼い鳥も実はかなり聴かせてくれる。以前は真、あずささんとタメだと書いたけれど、今は千早の次にこれを歌えるのは伊織だと思っている。

二人のステージをどんな風に切り取ろうかと、考えつつ進めている次第。ノーマルPVには勝てないのは分かっているけど、ノーマルPVに出来ない表現が出来ないかとも思っていたり。

週末か来週中頃には完成できると思います。
↓つづく
posted by tlo at 02:23 | TrackBack(0) | 制作中

2008年08月07日

高画質は正義2

いつかの習作を見たとある見る専さんに某所でこんなことを言われました。

HDを持つと光と闇が両方そなわり最強に見える(8割捏造)


というわけでHD、始めました。

iori8-7.png

ようやく誠の伊織にめぐり会い申した。
SDの月日今は悔ゆるのみ。


というか、もう別のゲームにしか見えない。ノーマルPVがすごすぎる。HDでゲームを始めていたらMADなんてもう作ってなかったんじゃないかと思うぐらいw

しばらくノーマルPVで伊織といちゃいちゃしていたい一方で、伊織のこんな姿ももっと知って欲しいとも思うわけで、折衷案でファミソンの蒼い鳥を制作開始。
posted by tlo at 22:01 | TrackBack(0) | 制作中

2008年08月04日

アスペクト比

iori8-3.bmp
16:9

iori8-2.bmp
4:3

かなり前にも検証したのだけれど、改めてアップを見てみる。
16:9とか4:3というアスペクト比は映画のスクリーンサイズが前身になっていて調べてみると面白い。昔から高画質への欲求はあったんだなとか。

結論から言えば、トリオで「アイドルのステージングを魅せたい」というなら16:9だろうなと。幅が長くなるのでセンターのアイドルをアップで撮るとダンスによってはバックのアイドルが映ったりする。ソロであっても「余白」も大きいのでレイアウトの自由も利く。レイアウトの自由はPV作るときには有利だ。
一方「かわいいアイドルの表情を切り取りたい」という目的であれば間違いなく4:3だろうと。TAKAPやSSMPも4:3だ。

この辺動画により意識して使い分けると面白いかも。
posted by tlo at 21:27 | TrackBack(0) | 制作中

2008年07月15日

かっこいいとはどういうことさ2


narayadoP作品


わかむらP作品


見る人を飽きさせない為に「目新しさ」は常に提供されなくてはならない。この2作品についても外見上は次々と目新しいカットが入っている。
わかむらPのは765コマンドをフルに利用したニコマス最先端の作品で、narayadoPはダンスに無印のオデやコミュを切り貼りしたオーソドックスな作品だ。でも「かっこよさ」についていえば何故か同じに感じられた。
この二作品は「繰り返し」という共通点がある。narayadoPの作品は曲からして繰り返しだからそれに合わせて例えば「コミュ+ダンス」を繰り返して見せる。わかむらPの作品では、白い背景に置かれた3D文字の前で踊る美希という絵を右から左への場面展開して繰り返す。
一歩間違えれば「単調」になってしまう所だけれど、型にはまった上品さというのだろうか、この2作品は極めて「スタイリッシュ」だ。起承転結的なカタルシスを求めてしまう私には、とても真似の出来ない構成だと思った。

↓つづく
posted by tlo at 21:11 | TrackBack(0) | 制作中

2008年07月09日

BBテスト

bbtst.bmp

ブルースクリーンキー一発でこのレベル。すげー……。
とりあえず、明日演出テスト的な習作をアップ予定。
posted by tlo at 00:22 | TrackBack(0) | 制作中

2008年07月05日

画質と色調補正

azusa-ridgerturn.bmp

プロセスアンプにて明るさ-50、コントラスト200、彩度110。
画質を決める要素はいろいろあるけれど、一番大きいのはbps。ノーマルPVなら1500kbps前後の動画を昔は半分以下の600kbpsに詰め込まなければならなかった。一秒当たりの情報量を減らしてエンコード時の負担を軽くするために、画面を暗くするのは常套手段だった。※1 過去形なのは設定が変わったから。
今や抜きピカのご時世なのだけれど、それでもこの暗い色調に魅力を感じてしまうのは、あの作品の影響なんだろうなぁ。


※1暗くしなくても情報量が少なければ画質は上がる。わかむらPのポリリズムが綺麗なのは背景が白いから。
posted by tlo at 02:01 | TrackBack(0) | 制作中

2008年06月30日

目線

ridgerturn.bmp

いわゆる「リッジャーターン」。だけど目線がないと全然様にならない。L4Uでup固定が出来るようになったけど、目線が欲しいときはやはりカメラと戦わなくてはならない。ただ、無印の時にはあり得なかった目線を撮れるたりする。

rituko0623.gif

rituko2-9.jpg

思い出をありがとうの「ありがとうかな」の後は普通に撮ると無印でも下のSSの目線になるけれど、L4Uではタイミングあわせると上のSSのようなのが撮れる。
動画作ってるより、アイドル達のこんなちょっとした表情の変化を見つけたりする方が幸せだったりする。専属P達の言う「嫁といちゃいちゃする」ってこんなことなのかもしれない・・・
posted by tlo at 00:00 | TrackBack(0) | 制作中

2008年06月19日

ML4とりっちゃん誕生祭

r.jpg

24時間に疲れている間もなく、ML4が発売。私も買ったのですが、これは確かに外れ無し。「My Song」に涙腺決壊してから、後は怒濤の展開。
「インフェルノォーーーーーー!」とか
「我愛イ尓」とか
「好き」とか
「きゃすとあすぺしゃるすぺるおんみぃ」とか
「YO! YO!」とか
「ありがとぉ・・・」とか。

中でもりっちゃんの「好き」はゲーム版から格段にパワーアップ。りっちゃんもちゃんとアイドルとして成長しているんだよなぁとか、ちょっと感動してみたり。紆余曲折あってりっちゃんの誕生祭はパスの予定だったけれど、9:02PMのリマスターを作ってみようと。きっとみんくPとかとかぶるけれど、せっかくのりっちゃんの誕生日だから間に合わせたいなと思っています。


……っていうか、もうりっちゃん誕生祭が間近に迫っている事に気付く。ニコマスは本当に休む暇がない。


↓つづく
posted by tlo at 01:36 | TrackBack(0) | 制作中

2008年06月05日

今後の予定メモ

vanilla-ninja.jpg

りっちゃん誕生祭の新作を製作開始。今回はダンスを作らないでコミュから先に作ってみる。
カクテル3には参加したい。足切りがあったらあずささんの誕生祭に。
祭には積極的に参加していこうと、そういう方針で。
今取りかかっていたのは、没にするのも含めて再検討。

HDは…貯金と相談。
posted by tlo at 00:54 | TrackBack(0) | 制作中

2008年05月29日

新作

cpcno.jpg


作っている新作があまりに進まないので、息抜きに作ってみたです。現在仮組は終了し、本組みもサビまで終了。週末アップの予定です。
伊織と美希の人気アイドルデュオ「カプチーノ」の新曲といった趣向。ありすえPリスペクトということになるのですが、曲は他のPさんのリプロです。
SSみても分かるとおり、今までの作風とは全く違います。up報告ではコメ欄あけるので壮絶にdi…感想いただけると幸いです。
posted by tlo at 20:00 | TrackBack(0) | 制作中

2008年03月16日

トリオで挫折した

iori-3-17.jpg

リプロ祭のCMと称してトリオダンスの習作を一日練っていたけれど全然ダメw
元作品が神すぐるのも事実で、しかも「まずダンスシンクロ作ってその上に演出を…」という作り方では絶対に作れない動画であることを思い知らされた。
それ以上に、トリオでダンス作ったことのない経験不足を思い知ったり。

来週以降忙しくなるから作業なんてしてられないけれど、習作一本作ろうとか思う次第。
posted by tlo at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作中

2008年03月13日

WAXのこと

3次元のエフェクトを扱えるソフトを開拓中。
NiVEかWAXということで、WAXを試している所。
WAXのすごいところはプラグインをプレミアのプラグインフォルダに放り込むと、WAXをプラグインとしてプレミアから起動できること。もしやとおもい、プレミアエレメンツのフォルダに放り込むと…WAX起動。

すげー、エレメンツで3次元ですよっプロデューサー!
WAXの使い方そのものがいまいち分からないけどねっ

ユーザー数が少ないから英語のマニュアル読みながら全部自分でする覚悟があるなら使ってみるのも面白いだろうけれど、多分ユーザーの多いNiVEの方が即戦力になるだろう…うーむ
posted by tlo at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作中

2008年03月09日

美希かわゆす2

3-91.bmp
無印で美希をプロデュース。

……かわゆす

美希はものすごく自然体だ。千早や伊織は周囲とのなんらかの軋轢があるけれど、美希は箱入り娘として育てられた。また大抵の事は人並み以上にこなしてしまう為にコンプレックスもない。
だから美希は、無垢なままに育っている。「空気が読めない」「ゆとり」というイメージはこの辺りからきているのだろう。

そしてPに対する依存心は10人のアイドルの中で1番強い。さらに覚醒してしまうと、Pの言うことが絶対になってしまう。クイズ番組で間違えた答えを教えてしまって不正解になったときの美希の反応には正直驚いた。

例えば千早は羽に怪我を負った鳥で、Pはそれを癒し、飛び立つ空を指さす事が求められた。が、美希は生まれたばかりのヒヨコで、親としてすり込まれたPに健気なまでについてくる。そしてPは美希を見事に成長させることもできるし、ダメにすることも出来てしまうのだ。

今回久しぶりに無印をして、Pに思わず感情移入してしまい、何かと迫ってくる美希には腰を引いてしまったのだが、最後には「俺がお前を導く」とそれなりの覚悟をもって美希を受け入れることになった。

他のアイドルでは「本来の魅力をPが発見し伸ばしてあげる」というのストーリー展開が為されるのだけれど、美希についてはその無垢な白さを、Pが自分色に染め上げることになる。

今回の新作では美希には黒に染まってもらうことにある。あるいは、その白さを生かすことにするのか……いずれにしても、作業しながら美希の新たな発見をしていくことだろう。
posted by tlo at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作中

2008年03月08日

美希かわゆす1

アイドルの魅力について語るのは、製作に実際に役に立つわけじゃないけれど、アイドルとの初顔合わせの時にはするようにしている。伊織と千早は前に仕事をしたことがあるので、今回は美希について考えてみようかなと。

3-95.bmp

「○○は俺の嫁」というPは多いけど、嫁の魅力について言葉で語ってくれるPは意外と少ない。Pであれば動画で語るのが流儀だから当然と言えば当然ではあるのだけれど。ただ美希については蔵人PwhoPが語ってくれている。ふむふむ。
で、俺はと言うと美希の魅力はまだちょっと分かってない。L4Uは素材マシンとしては優秀だけど、自分みたいに二次創作としてキャラの理解を深めていくには不向きのようだ。とりあえず、3人を並べて美希の特長を掴んでみた。

↓つづく
posted by tlo at 23:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 制作中

ユニット仮決定

世間はSP1でH264だと騒いでいるけれど、ただでさえ少ない作業時間を高画質テストに割くわけにはいかないとかいいつつ、新エレクトロを見てスターグロウの導入を検討してみたりしている。

V[PX-02.jpg

3人ともロングヘアが豪奢で、しかも全員色違いなので映える。バックの2人もヴィジュアル的に押し出しも強くなく、弱くもなく。
見たこともないトリオになったけれど、伊織、千早、美希の3人に決定。
明日はアップで撮って、美希と千早を見詰めてみようと思う。特に初めて一緒にお仕事することになる美希についてはいろいろと考えてみようかなと。

以下、関係のない話。

↓つづく
posted by tlo at 02:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 制作中

2008年03月07日

ユニット編成

新作に向けて、ユニット編成。伊織を引き立てつつ、見た目のバランスが取れそうな組み合わせを模索中。

ガチトリオの一角に。ちょっと真が浮いているイメージ。
シーケンス-01.jpg

個性派の2人をバックに。伊織とバックの絶妙なミスマッチが面白いかも。
シーケンス-011.jpg

マスベデュオをバックに。金髪美希が思いの外いい感じ。総じて千早がバックにはいると安定感がでるような気がする。
シーケンス-012.jpg

ガチトリオの一角にその2。FBIに捕まった宇宙人とか思い出した。
シーケンス-013.jpg

旧ラッチーデュオをバックに。覚醒美希が大人しく、春香さんの存在感も薄いので、今ひとつティンと来ない。
シーケンス-014.jpg

↓つづく
posted by tlo at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作中

2008年02月24日

雪歩の

yukiho2-24.jpg
以前、蒼い鳥でキャラクターごとの表情比較影像を作ってみたことがある。多分「笑う」「泣く」など同じ表情をするようプログラムが組まれていると思うのだけれど、キャラクターによって顔の造形が違うので、表情はまるで違うように見えたりする。
伊織はお嬢様で「顔立ちの整った人形」だと前に言った。で、雪歩はというとえらのはった四角い輪郭で垂れ目気味と伊織とは顔の作りが全く違う。
でもりっちゃんのような愛嬌はなくショートボブというシンプルな髪型と相まって、清楚な印象を俺は受けてしまうし、蒼い鳥ではきりっと締まった表情を見せてくれる。
伊織は人形は人形でも「フランス人形」なのに対して、雪歩は「日本人形」なのだと思う。その独特な美しさは、情緒のある表現で引き立つのではなかろうか。

とりあえず、新作の進捗は80%。ダンスとカメラがほぼ決まったので、エフェクトを乗せていってる段階。来週にはアップの予定ですー。
posted by tlo at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作中