2012年10月21日

シンクロ概論〜音符とカット1

丁度対照的な動画が二つ上がってきたので、比較して見てみることにします。


Die棟梁P

翼P

まず棟梁Pの動画ですが、カットの位置はほぼ1拍目。BPMは187ぐらい。8ビートでリズムパターンがいろいろ変化する曲ですが、棟梁Pは正確に動画のリズムを刻みます。

よく分かるようにサンプルとして出だしの部分に拍の目印をつけたものです。左上の◎は1,3小節に表示されまが、カットと◎が同期しているのが分かると思います。
このようにカットは正確にリズムなのですが、亜美真美のダンスはリズムパート以外の音に合わせてあります。分かりやすいのは0:22以降で、ダンスはボーカルのスキャットに合わせて0:32のジャンプに至ります。

対する翼Pの動画ですが、BPMは133ぐらい。以下のサンプルを見て分かるとおり、リズムとカットはほとんど同期していません。

これは翼Pがカットをリズムでなくメロディーや伴奏に合わせてある為です。Bメロを見ると分かりやすく、0:46響のカットは「たいせつなものたち」という歌い出しに合わせてありますが、ここをリズムからみると「たい/せつな〜」と「せつな」からが1拍目になります。

棟梁Pの正確さは曲がほぼインストである事もさることながら、棟梁P自身がミュージシャンである事が大きいのでは無いかと思います。
翼Pの(リズムに対しての)ルーズさはやはり歌ものである事が大きいのですが、翼Pが映像から入った事があるのだろうと思います。
もちろん、どちらかが優れているというそういう話ではありません。むしろ、翼Pのカットはファンクめいて実際面白く感じられます。

ファンク

ファンクの定義とは全然違うのですが。メロディをリズムに乗せるように、映像をメロディに乗せるという意味合いで一つ。



ニコマスが面白いのは、超絶映像をつけて音楽が全く耳に入ってこないMVを目指すのでもなく、予算が無いからといって適当な映像を流すカラオケ動画でもなく、音楽と映像の調和、即ちシンクロを目指している点では無いかと思います。
本当に奥が深いですね。
posted by tlo at 16:59 | TrackBack(0) | 動画紹介

2012年09月23日

シンクロ概論〜小節とカット

クラブミュージックは細分化あるいは融合してジャンルが分かりづらいのですが、その中にダブステップというジャンルがあります。

いまからでも遅くない! 知ったかぶりで済ませてる人のためのダブステップ/ポスト・ダブステップまとめ【前編】

ダブステップとはなにか


代表的なアーティストに上げられるSKRILLEXはニコマスPVでもおなじみですね。


私が理解したところではダブステップは以下のようになります。
1.直接の母体ジャンルはダブ、2ステップ。
  それをさらに辿っていくとレゲエ、ソウルというアフリカ系音楽にたどり着く。
  特徴的なリズムはここから生まれる。

2.エコーやリバーブを過度に聞かせた重低音。
  wobble bassというそうですが、実際どんな音でいかなる工程で作られるのかは
  こちらをご覧下さい。

上記のリンクでも紹介されていますが、こちらが「古典的」なダブステップとなります。

厳密にジャンル分けすると代表的アーティストとされるSKRILLEXはダブステップじゃなく派生ジャンルのブロステップに分けられるそうで。確かに聴いてみるとリズムは単純な8ビートで歪んでいるのはメロディーラインである中音です。

FRISKPの映像も、うねる音に合わせて画面はズームを繰り返し黒帯が自由自在に映像をクロップします。そして、カットあるいは画面の切り替えはそのほとんどが一小節の1拍目。

この一小節の1拍目での画面の切り替えは、非常に安定感があります。


orgonePの名作です。こちらもそのほとんどが一小節1拍目です。稀にスパイス程度に1拍目以外にカットが置かれる所があります。例えば1:07付近のタイトル出し前には4拍目に美希のカットを、1:14歌に入る直前のブレイクにも4拍目に春香のカットが入ります。


うしわかPの名作です。この一小節1拍目は特に歌ものに威力を発揮します。小節と文節と映像の区切りが同時であるために、意識が途切れないからかもしれません。

orgoneP、うしわかP共に音楽に造詣の深いPです。では映像系のPはどうでしょうか。

さすがのRidgerPとしか言えません。どこでカットが来るのか分からない上そのカットが全て「魅せて」くる為に、視聴者はアイサツの前にアンブッシュをうけて爆発四散するサンシタニンジャめいて映像に釘付けになるしかないのです。


映像美のハニハニPはどちらかと言えば1拍目ですが、フッテージとなる素材上のカットをそのまま使っているようにも見え、それほど厳密に曲に合わせている訳では無いようです。あるがままを使うというスタンスかもしれません。

さらにストーリー系のPについても見てみましょう。

映像原理だけでストーリーを語り尽くす**P。一拍目のカットが多いですが、あくまで映像が主体で曲はBGM以上の役割は無いように思えます。


ニコマス界のAnother、そいPの手法は静止画MADのもので、曲の拍よりもさらに細かくカットを割ります。ここまでくると映像はもう一つのサウンドトラックです。


当初はダブステップについて調べていたのですが、ふとリズムとカットについて気になっていろいろと確認してみた次第です。以上、映像と音楽をカットと小節という単位で見たときのニコマス作品についての分析でした。


最後に最近の2作品を紹介します。

toai氏作品
カット位置が一定しませんが、それがむしろ曲と映像のグルーブを生んでいるように思います。
歪んだアス比もダブステップというジャンル故でしょう。


小鳩perP作品
ダンスを解体する実験作のようです。
歌ものであるに関わらず、あえて2,4拍目にカットを持ってきてるのが非常におもしろいです。
posted by tlo at 00:49 | TrackBack(0) | 動画紹介

2012年07月09日

2012年上半期ニコマス20選

9.18の傷も癒えた2012上半期は、アイマス界隈に大きな変化が起きたように思う。
9.18で去って行った人に代わり、アニメ、携帯ゲームから大量のご新規さんが流入した。
バンナム側としたらアニメは計算通りで携帯ゲームは嬉しい誤算だったろうが、
据え置き機ゲーマーは置いて行かれた形で、DLCはPS3でさえもう消化試合になっていたりする。
PVPにとっては冬の時代で、新素材が途絶えるどころかBBも結局無く、
しかも次期ゲームShiny FestaではバンナムがPVを作って売るという事態に。

や、うだうだ愚痴ってもしょうが無いし、なるようになるんじゃないかな。多分。
かな子のショコラおなかprpr。

というわけで20選ですが上半期は忙しいのであまり見れてないで、こんな感じです。

ーーー

基本レギュレーション
・対象は2012年上半期(1月1日〜6月30日)に公開されたニコマス作品
・自身のセレクトを20作品以内でブログ及びマイリストにて公開
・1Pにつき1作品
※作品と一緒にP名を表記していただけると非常に助かります


中曽根ハイジ氏
実際ゲームをしてみると、全く笑えなくなるぐらいにネタがその通りという。サツバツ!
シンデレラガールズについてはなんだかんだ言われているけど、ここがアイドルマスターというムーブメントの最前線である事は間違いなく、3rdStageがあるとしたなら、新世代アイドルはここから生まれていくんだろうなと思います。



トカチP
あえて一人の名前を出させて頂いたのは、氏のパートに驚いた為です。
シンクロすげえ!
こんなのPB以来じゃなかろうかってぐらいにすごかったです。



shellP
海外のAMVをみてるような楽しさ。
カメラが決まってるゲーム素材では出来そうで出来ない表現じゃないかなと。



TataguP
元ネタアリとはいえインスピレーションを得たという程度で、完全に消化されていると思います。
全面抜きを使ってきてるのにそれが前面に出ず、
コントラストのきつい配色や様々なエフェクトがすごくB級感を醸していて、とにかく楽しい。



卓球P
いつまでも続かないと分かってるからこそ、この叫びは響くんだと思う。


サムネ1選

JJ氏
もはやタイトル落ちと言って良いレベルだけど、本編も異常に出来が良いので困る。
愉悦。

ーーー

以上です。
posted by tlo at 23:31 | TrackBack(0) | 日記

2012年04月04日

MAD or MMD

2007の状況を考えるに、ニコマスPVは使用素材にアドバンテージがあった。

1.720P60fpsのHD画質
2.モデリングとトゥーンシェードによる「かわいい」3Dモデル
3.モーションキャプチャーによるなめらかなダンスモーション

以上3つがそのアドバンテージであり、2012現在その内二つは失われている。

1.720P60fpsのHD画質
2007は地デジ移行前であり、次世代DVDの規格さえメーカー間で統一されていなかった。HD素材そのものがまず希少であった当時、XBOX360やPS3等のゲーム機からキャプチャーした素材はハイエンドの家庭用ハンディカムと並ぶ、アマチュアが扱える数少ないのHD素材であったと思う。
ニコ動の当時の最大ビットレートは600bps程度の低画質だったが、同じゲーム機キャプチャーでもSD素材とはやはり画質が違っていた。アニメもまだDVDのSD素材が主流で、エロゲOPも解像度は800*600だった。
高画質であることはそれだけで魅力となる。エンコードにも気を遣ったニコマスPはつぎつぎ高画質動画をアップしていった。
だが、地デジ移行により地上波はアニメも全てHDとなった。それに伴いMV、CG等のあらゆる映像がHDとなった。今や携帯電話でHD撮影が出来るご時世である。
HDのアドバンテージはもうニコマスには無い。もっともニコマスだけでなく、全ての映像に言えることなのだけど。

2.モデリングとトゥーンシェードによる「かわいい」3Dモデル
人体モデルの「不気味の谷」を超え切れていなかった当時、アイドルマスターXBOX360版はフォトリアルを目指すのでは無くあえてデフォルメし、不気味の谷を斜め上に超えた。その辺はこのページに詳しいので詳細は割愛する。
ニコ動上でも箱版アイドルマスターは「かわいい」3Dモデルで多くの人が扱える素材(ゲームキャプチャという形であっても)としては唯一のものであった。だが2012にもなると唯一性は失われている。


2008に登場したMikuMikuDanceは発展を遂げ、幾多のモデルを生み出している。今や初音ミクの「顔」となったlat式、そしてプロモデラーの手によるtda式などバンナムによるアイマスモデルとは方向性は違えど十分に「かわいい」。しかもこれらモデルは配布され、それこそ手の上げ下げから自由に扱える。
3Dモデルによるアドバンテージはニコマスには無い。もっともこれはニコマスでなく、HDアイマスにも言えてしまうことなんだけど。

3.モーションキャプチャーによるなめらかなダンスモーション
この点については、上記に紹介したポリゴン女子のページに書かれているとおり、商業レベルでも他の追随を許していない。
モーションキャプチャーについてはxbox360でkinectが発売されアマチュアでも可能になったが、ことステージダンスになると広い部屋が必要という物理的な制限があったり、キャプチャーしたデータをモーションに直すにも職人的な技が必要になる事が分かっている。

1:25辺りの響がバランスを取るシーン。こういう何気ないモーションにその技術の粋を見ることが出来る。
現状、ダンスモーションはアドバンテージである。が、それがいつまで保てるか保証は無い。


以上、ニコマスの歴史を素材のアドバンテージから振り返ったのだが、現状でニコ動上におけるニコマスのアドバンテージは少ないと結論したい。というか、Mobageによる「シンデレラガールズ」によってバンナムのアイマスチームにそもそもHDゲーム機で作る意義があるのかと問われているような現状である。そこを考えるのはアイマスチームに任せるとして、一ニコマスPとして考えるべきは「HD素材を使う意義」と考える。


kenjoP

妖狐P

kenjoPのグラ改変技術は「仙術」と呼ばれている程、高度なものである。だけど、ここまでするならMMDを使えばいいんじゃないと自分なんかは思ってしまう。実際、今年の春香さん誕生祭ではMMDによる動画も見ることが出来る。妖弧Pの動画は「MMDPV」というタグに見て分かるとおりすでに「作品」だ。
だがkenjoPにはバンナムモデルでなくてはならない意義があるのだろう。自分もライオン以降キャプチャー素材を使う意義を考えながらいろいろ試して今もMMDの習作をしている最中だったりする。



ついでに記事を読んだ人にもそれぞれ自分にとっての素材の意義を考えてみては、と投げてみます。MADPVとMMDの二項対立みたいに見える記事ですが、箱版アイドルマスター2のDLCも終わり、それこそシンデレラガールズやiPhoneでの展開も含めて「動画編集者としての発想の転換」だったり「自分にとってのアイドル(アイドルマスター)は何か」だったり、考えてみるのも一興かと。
posted by tlo at 18:22 | TrackBack(0) | 動画紹介

2011年12月31日

千早のこと



しょじょんP

この作品を見て考えたことが二つある。一つは、この作品における千早と視聴者の距離感について。もう一つは、ニコマス二次創作における千早の描かれ方についてだ。

まず一つ目。あくまで主観的なものなのだけれど、「遠い映像」と「近い映像」というのがあると思う。


遠い映像の例 アリシャスP


近い映像の例 けるまP

写真だと望遠から撮ったアップと近寄って撮ったアップでは画角が違うし、そもそも被写体のカメラへの意識が違うので出てくる絵は別物になる。
映像の側から言えば、音と被写体の同期がなされているかどうかでその映像が「記録」か「ライブ」か印象が変わる。
さらにハードの面で解像度が上がれば上がるほど映像はリアルと錯覚される。2K,4Kという超高解像度テレビは「窓から見える風景」になってしまうという。

けるまPの映像の圧倒的近さは主に720P、60fpsの素材からくるものであろうし、アリシャスPの映像の遠さは音と被写体の同期が外れている事が大きいと思う。
一方で、しょじょんPの映像は遠いのに異様な臨場感がある。
特に一曲目は正に「歌姫降臨」と呼ぶべき大迫力。三曲目、インスト曲とスローによる映像が「記録」的なのと対照的だ。四曲目はクローズアップのカットインがあったり、カットの前後のモーションのつながりはさほど意識されない等PV的。転じて5曲目はカット前後のモーションのつながりが意識されライブの意識が強くなる。4曲目と5曲目の差は音源の差もあるかもしれない。
VRFの美希の自作の動画はその辺りの距離感の実験も兼ねてみたのだけれど、VRFのコメント見る限り成功している様子。ただ、演出プランが固まりきって無かったので効果的に使えなかったなと思う次第。

↓つづく
posted by tlo at 20:12 | TrackBack(0) | 動画紹介

2011年12月20日

VRF11によせて



VRF11にアクターとして参加させていただいた訳ですが、終わってみて思ったのは「何故呼ばれちゃったのかな」という事で。オファー自体は卓球PとえびPからいただいていて、せっかく呼ばれたのだから「お客さんに喜んでもらえる」ようにはしようとは思っていました。
セットリストは貴音、美希、響のフェアリー押し。響のはカクテルの単品で、貴音と美希は新作で行くつもりでいましたが、いろいろと時間が無く、結局美希の新作のみになったり。その美希の新作もエンタメ指向にするか尖らせるかで演出が迷走して、ようやく当日に出来上がったという案配でした。
だけどそれが間違いで、カクテルならそれが正解なんだけど、VRFは「俺の動画を見ろ」で行かないと駄目なんだなーと。その動画が「己の魂の叫び」でも「アイドルへの捧げるもの」でも「VRFなにそれおいしいの?」でもオーディエンスの反応を伺うようなものじゃだめなんだろうなと。
カクテルは「パーティー」で、VRFは名前に違わぬ「ロックフェス」。
や、別にエンタメ指向でもいいんだけど、それならそれで振り切らないと駄目よねと。

と、アクターとしては反省しきりですがオーディエンスしてはとにかく楽しかったです。
運営の皆様には疲れ様でした。そしてありがとうございました。

自作についてはタイムシフト期間中はそのままに、期間が過ぎたら一端非公開にします。
後に若干修正+高画質版という形で再アップの予定です。
posted by tlo at 18:21 | TrackBack(0) | 日記

2011年11月05日

モーショングラフィックス

MGは動画なのだけれど、グラフィックスというからにはその根っこはデザインにある。
で、現代デザインに大きな影響を与えたというカンディンスキーのテキストを読んだり
丁度開かれていたカンディンスキーの企画展にも行ってみた。
とりあえず感じたのはキャンバスの中に力の流れを作って小さな世界を描いているんだなという事。

"Motion Design" Center : "What is Motion Design ?" from Motion Plus Design on Vimeo.



これはMGの歴史を掻い摘んだ動画。
以前に紹介したフィッシンガーやマクラーレンの名前もでてくるし
ソウル・バスも系譜に位置づけられている。
この動画の中でMGと一般的なアニメーションの違いが説明されていて
一般的なアニメーションは「キャラクターが自らを説明するストーリー」に特徴があるとし、MGは「自ら説明する事無しにキャラクターを描くことが出来る」としている。


いろいろと示唆されてることは深いけどそこから何かを取り出すにはまだ至ってないので
もうすこし勉強しておきたいところ。
posted by tlo at 11:15 | TrackBack(0) | 日記

2011年10月22日

私信というかポエムというか

と最初に出会ったのはIRCの上だった。ニコマスPの集いという部屋で、「初めましてと聞いて」洗礼を受け、名刺代わりの当時の新作を貼るとそれを見た彼はこういった。
「この動画は箱庭なんだ」

当時はピンとこなかったこの言葉が、納得を持って了解されたのは実はつい最近の事で、カクテル6のえびPの動画を見て自分の動画は動画から一歩も外に出ない事を思い知らされたからだった。
彼はPさえも気づかない動画の本質を掴み出す。
それが彼の本領で、それは詩人の資質だと思っていた。
だがそれは間違いだった。少なくともそれが全てでは無い。

思うところがあって、彼が書いてくれた自作動画の記事を読み直した。
胸が一杯になった。
動画制作者はその動画を、編集中に何度も何度も見直して完成度を高めていく。その一方で初期衝動は摩耗して、果たしてこの動画は良いものかどうかと、疑心暗鬼に苛まれる。
再生数が伸びるのはうれしい。
ツイッターにツイートされるマイリスポストももちろんうれしい。
ブロガー諸氏が紹介や感想を書いてくれるのは、乾ききった制作者にとっては、甘露の一滴と言っていい。

だが動画からもらった熱量をもらった分だけあるいはそれ以上にして、彼は返そうとしていたと思う。
動画の熱を輻射する彼の文章は、自分の動画の熱量さえ計れなくなった制作者の心に火をともしてくれたと思う。
少なくとも自分はそうだったと、今になって思う。
彼に自作動画の記事を書いてもらったら引退しようと思っていた4年前のあの頃より、彼の記事は大切な宝物だったのだと、今強く思う。

そんな彼も私生活が忙しくなり、動画をみる時間も減った様子だった。
曲の構造から動画を解説するzeitさんの記事に対し、自分のスタイルに迷っている様子もあった。
そして彼は、一人の見る専に戻るという。
言い尽くせぬ感謝は、動画という形にして返したいきたい。
そう思う。
posted by tlo at 04:19 | TrackBack(0) | 日記

2011年10月12日

疾走感

疾走感とは「展開の省略」です。
例えば春香さんが765プロに出社する時のことを考えてみます。
朝起きる>歯を磨く>トイレにいく>着替える>朝ご飯を食べる>玄関から家を出る....
などと延々と長回しするのはそれはそれでおもしろいかもしれませんが、というか伊織だったらずっと見ていたいぐらいですが、展開が遅くなりすぎます。話を進めるには
朝起きる/自転車で駅に向かう/電車に乗る/電車の中/最寄りの駅に到着/765プロ事務所の扉を開けて「おはよーございます」
と、情景ごとにカットして並べた方がテンポが良くなります。さらに、
自転車で駅に向かう>電車に乗る>最寄りの駅を出る>765プロ到着
ぐらいまで削っても大丈夫じゃないかと思いますし、その間にあるはずの情景を飛ばすことで「展開を速める」事ができます。こういうことを説明不足にならない程度にまで突き詰めたものが「疾走感」になるのだろうと、思います。

疾走感を展開の早さと定義するとリンPの動画は見事に合致します。
ただ私の古い感性はRADWIMPSの曲に追いついていけないので、この辺りでいかがでしょうかと言うことで一つ。


たかたかP
posted by tlo at 07:31 | TrackBack(0) | 動画紹介

2011年10月02日

カクテル6後半5選

単品もあげて一段落したので、遅まきながらカクテル6後半5選をしてみたり。


HCLP
前回のDSXの時もですが、この絶妙な間は芸といって差し支えないのではと思うのです。
ドカベンは噴きましたw


_P
_pがガチ/ネタというカテゴリに収まらないのは、素材には素材以上の意味を込めないフラットさがあるからで、それは誰にも真似できないと思います。


ラフタイムP
この曲が大好きなんです。動画も色や質感をきちんとコントロール出来ているのがすごいです。


お茶P&しょじょんP
動画を使わず制止画にして、MG表現で動きをつけて無理せず完成度を高めるというのは巧いと言わざるを得ません。


ちょいワルP
全力でネタを作ると、ここまで破壊力が高くなるものなのかと感嘆してしまいました。そして動画表現において、間の取り方やカメラカットにガチ/ネタは関係ないんだなと改めて思ってしまったり。


かよーP
初見時は溜息が出ました。カブキンPが全く破綻のない映像美であるなら、かよーPはアラはあるものの(それでも高レベルなのですが)圧倒されてしまう映像美なのだと思います。作りたい絵がある人の画だよなと。


6選になっていたけど気にしない。
後、今回のカクテルで思ったことなど
↓つづく
posted by tlo at 02:04 | TrackBack(0) | 日記